2018年5月5日土曜日

1295「爽快2」2018,5,5

 続いて、Sさんの登場です。題は「私とテンメイです。」


「私は天命塾とある意味で運命を感じています。2年前から天命塾に参加するようになりました。生体勉強会、塾ゼミには毎月、皆勤で参加しています。それ以外のオープンセミナーで澤野大樹さん、木内鶴彦さん、はせくらみゆきさん等は全部参加して来ました。
 私が働いていた店では出勤が不安定な人は扱い難いようで、私は自由にしたいし、保証が無いけれどこちらに参加する事を優先したいと思っていました。そんな時に2週間後で解雇を通知されました。それは良かったですね!という事で、高柳亭に引っ越す事になりました。
 不安はありましたがこれまで逃げて、言い訳していましたが、その事を受け入れる事で次の扉が開く事が出来る、その事を天命塾で学ばせてもらっていたので、笑いながら解雇を受け入れました。それが前提で高柳亭に住んで今は別の仕事が出来ています。クビになって良かったと思います。
 今回、この研修会で話して下さいと言われましたが、その時、自問自答したら「廻れ」と答えがありました。この天命舎は鏡です。澤野さんの言う、多次元(潜在)と3次元(顕在)の接点の鏡です。
 仙台の街の六芒星の中心、「鏡を磨きなさい」そこを磨かないと自分の意味が無い。それで六芒星周りをしました。青葉神社、大崎八幡、東照宮、青葉山護国神社、愛宕神社、榴ヶ岡天満宮。1つ1つ巡り、そして今日巡り終えました。
 今日の話しはぶっつけ本番でやれと思いました。是までの自分とは違うし、2年間訓練させられてきているので素直にやったら良いと感じています。今蕎麦屋のお店で働いていますが、全国日本一のチェーン店になったということで社長のインタビューがありましたが、創業の時の苦しい事を乗り越えられここまで来たと言います。
 私は今働きづくめですが体が動くし、楽しんでいます。高柳亭で眠り、身体を休められて目覚めがよく体が回復して戻っている。善循環でエネルギーを頂いているようです。仕事も身体も良く、喜ばれるものを提供して行く中で、組織や経営を学びたくて今になっています。顕在意識から言うと真逆なことですが、今はそんな感じで良い状態です。農場の手伝いが出来ていないのが申し訳無いです。
 生体エネルギーのこともしっかり理解出来ていないですが、他の事も取り敢えず聞こうと参加しています。そうすると行動、視点が変わると感じています。映画館でリーフレット置いてあるがそれを見て、今の受け止め方が違う自分に気付いていて、視点が変わって来ています。
 今の目的は「私の喜びは皆様の喜び。皆様の喜びは私の喜び。」です。
 今勤務しているお店は、それまで市内4店あるチェーン店の中で最低の売り上げでした。しかし私が入って直ぐに売り上げが伸びだして、今年売り上げで4店の中で1番の店になりました。店長から「Sさんが来てから売り上げが上がったね!」と言われました。
 天命塾で勉強したことがあります。そのことで私の言葉が変わって来ることで、相手、お客さんの応対が変わってきました。それは勉強しているから出たと思います。ですから売り上げが上がってくるのは当然だと思います。
 力が無く、お金の無い人間でも体を動かすことが出来ます。常連客、新規客に挨拶はしっかりしています。他の従業員はそれが未だ出来ていないのですが私は繰り返しやっています。こだわりは休まないこと、繰り返しすることで、そのことが仕事の場で出来てきています。
 高柳亭に住んでいて気が休まる事がありません。塾長の教えから外れると居れなくなるし、天命塾の光に影差すと居れない、と思っています。しかし光に同調出来ると他に何と言われても出来るように思います。
 やがて蕎麦を栽培、生産し蕎麦を打って食べてもらえたら面白いのですが、今は経営や管理を学んでいます。その実践をする学びの場を頂いていることに感謝をしています。
 所ジョージの番組で「ダーツを投げて」で四世代暮らす家のおじいさんが「土一升、米一升だ。」と言っていました。土を作ることが大切です。そして「健康の前に健全に。」です。食べる前にどうにか場を健全にしないと意味が無いです。
 身体の健康が必要ですが、その前に考え方を学ばせて頂いています。天命塾での生体エネルギー、その他の中で、あわ歌も中山博さんからの言葉等でも「ふらふらせずに」と言われていますが、今はそういう時期かなとヒントを頂いています。これからも宜しくお願いします。」
 引き続き学び、実践し能力を磨いて喜びの日々を過ごし、共に大いなる場を成して下さい。


0 件のコメント:

コメントを投稿