2018年4月11日水曜日

1271「断食6」2018,4,11

 皆さんで明け食を頂きました。先に吐き止めに水を飲み、その後から大根の煮汁に梅をとき少し酸っぱめに加減して飲みます。大根と生野菜を頂き、ひたすら梅入りの大根の煮汁を飲みます。排便を促すまで兎に角、梅湯を飲み続けます。



 私は2杯目で排便があり後はもう1杯だけ飲んで、その後は嗜好品のオレンジジュース、羊羹、チーズ、バナナ、ヨーグルト、パン、ミルクティーを頂きました。もうお腹がいっぱいで食べられない位です。排便は続き固形便からゆる便、色の付いた水様便、そして5、6回目は水便です。排便開始から丁度、1時間で排便終了です。不思議な生理現象です。
 私の後に続いて皆さんもトイレに駆け込みます。40分過ぎて未だの方は歩いて少し腸を刺激します。最後の人も1時間で自力で目出度く排便スタートです。法蔵師の教科書には早い人で梅湯を飲み始めて40分から1時間とありますので皆さん早い反応です。
 食堂もだんだん打ち解けて、リラックスモードで良い感じで会話が弾みます。皆さん排便も順調に進み、すっきりした感じで明るく軽快になってきます。目出度く満願成就で明け食を終えて片付けて最後にミーティングです。そこでの皆さんのお話とアンケートを紹介します。

・K、Gさん
「お陰様で今回も無事に断食会を終えることが出来ました。最近の断食会では2日目の朝に吐いてしまうことがあるのですが(今回も含めて)、身体は不要なものを排泄する力が高まったとのお話を聞き、安心しました。
 真向法をいつもよりもちゃんと出来るようにしたいと臨みましたが、自分はまだまだだと思いました。新居になって広い部屋で体操をする機会が増えたので、何時もよりは少しあしになったような気がします。これからも地道に体操を続け、先生方や皆さんのように柔軟なって行きたいと思います。
 “水をさす”という大久保先生のお話も、対人関係でも悶々としている時にこそ必要なことだと思いました。呼吸の話も仕事中につい忘れがちなので、きつい時こそ思い出し、実践して行きたいと思います。
 大久保先生、T先生、どうもありがとうございました。」

「これから家のじんちをしっかりして、他にも良くして行けるかと思います。」

・K、Mさん
「今回、昨年の7月から11月参加で連続3回参加でした。体重が戻ってしまい自分に課することで、と思って来ました。今回は力が抜けて、座禅もしっかり出来た。自分の力が抜けて良かったように思います。Yさんに痩せたと言われて嬉しかったです。」

「今回は肩や体の力が抜けて参加が出来た様な気がします。休み時間はいつも寝るか、読書をしていましたが、今回は随分おしゃべりして楽しかったという印象が残っています。
 お家のことで大久保先生やTさんには御心配やご協力いただきありがとうございます。
今年は年女、この流れを掴み、今まで考えてきた事の結果を残して行きます。今後とも宜しくお願いします。」

・K、Nさん
「まったく食べない3日間は初めてでした。2日目夜はどきどきして大変だったが無事に明けて良かったです。」

「初めて水だけで断食をしました。2日目の途中から寒気がし、疲労感が強く出て、頭痛もしましたが、信頼出来る指導者がいたことから水と塩を取り、お茶で暖まり休む事で不安なく過ごせました。
 明け食後は悪いものが全て出て行ったかのように身体が軽く爽快でした。」

0 件のコメント:

コメントを投稿