2018年4月24日火曜日

1284「三陸8」2018,4,24

 今日は4月1日で年度が変わりスタートの日です。野田村にあるアジア民族造形館は冬季閉鎖を終えて今日から開館です。ラッキーです。野田村は久慈市に隣接する村です。海岸沿いの県道268号線を南下して程なく国道45号線に出ます。そこから西に曲がり、山の方に進みます。
 山間の集落を抜け狭い道を進みます。左手に鳥居が見え程なく到着です。造形館は日形井の集落の中にあります。何で岩手のこんな山奥にアジア民族造形館があるのか不思議です。駐車場脇には綺麗なトイレがありますが他は古民家が点在しています。私たちが駐車場に車を止めると、受付とある古民家の中でこちらを伺う姿が見えます。私たちの到来を待っていてくださった様です。




 受付をして10名の入場券を購入したら大喜びです。今日から開館して私達が最初のお客さんだったようです。冬の眠りから覚め、諸々準備を整えて今日の日を迎えたようで、大歓迎して頂きました。ここは野田村の運営施設です。
 以下がアジア民族造形館の紹介です。  
「築200年の歴史ある南部曲がり家をアジアの展示館として改装し、第一展示棟ではアジア各国の民族衣装や陶器類、玩具などの資料、第二展示棟では寺院の装飾品や籠の編組品、色鮮やかな前掛けなどを展示しています。
 色鮮やかな衣装を身にまとい記念撮影!アジアを一層身近に感じることができます。
また、周辺には芝生や滑り台がある「アジアの広場」もあり、鳥のさえずりを聞きながらのんびり散策することができます。」

 先に第1展示棟を見学しました。何故ここにこのような施設が出来たのかお尋ねし、詳しく説明して下さいました。(その事は次の紹介記事に書かれていますのでお読み下さい)
 民族衣装を試着でき、若者達はお気に入りの衣装にご満悦です。南部曲がり屋の茅葺の家は保存が大変です。常に薪を燃やしてその煙を家中に充満させて害虫の発生を防ぐのだそうです。萱に害虫が発生すると烏が食べに来て萱を損ねてしまうといいます。家は人が住まないと痛みが進みます。玄関から直ぐの所に囲炉裏があります。火に当たり、火を眺めていると落ち着きます。
 曲がり屋の1棟は数年前に吹き替えしたようですが、職人さんは青森から来ていただき3ヶ月かかり3000万の費用を要したそうです。

 少し詳しくこのアジア民族造形館を紹介した次のブログがあります、
「NHKの朝ドラ「あまちゃん」の舞台である久慈市の南隣に野田村がある。そこにはアジア民族造形館というユニークなミウジアムがあるが、地元の野田村民にさえあまり知られていない隠れ名所である。
 国道45号から、車がやっと行き違えるほどの曲がりくねった道を約15分。途中に標識がなければ道を間違えたかと思うほどだ。もう人が住んでいそうもないと思われる山あいの森に囲まれるように曲がり屋の集落がある。日形井の集落である。曲がり屋4軒を整備してアジア各地の民族の生活用品などを展示しているのがアジア民族造形館である。
 約1万平方㍍の敷地内には2つの展示館のほか、タイ・カレン族の高床式住居、ヤオ族の土間式住居、陶工房のだ焼、染織工房などもある。第1展示棟は「東南アジアの仏教~深遠なる信仰のかたち~」がテーマ。仏像、仏具、経典、寺院の装飾品など信仰に関する資料が展示してある。第2展示棟は「ウズベキスタンの古布~スザニ~」がテーマ。中央アジアに暮らす遊牧民の女性たちが丹念に織ったスザニ、アジア各国の背負子や前掛けなどが展示してある。

農村原風景と苫屋 
 開館したのは1986(昭和61)年。東京にあるアジア民族文化研究所の金子量重所長が長年集めた資料を展示する場所を探していた。できれば曲がり屋がいいと思い、岩手県にきた。久慈市で隣村の野田村日形井地区に曲がり屋があることを聞き、当時の佐藤吉男村長に借用を申し入れて実現した。そばにはきれいな日形井川があり、施設内には池や畑もある。ここには都会人が置き忘れてきた日本農村の原風景がある。
 単に物を展示して見せるだけでなく、染色教室や作陶体験、アジア各地の仮面や民族服教室などのイベントもあり、国内だけでなく東南アジアやヨーロッパからも研修に訪れる人たちがいる。
 近くには、やはり曲がり屋を利用し創作料理でもてなす民宿「苫屋」もある。ここのご夫婦は世界中を旅して、ここに居を定めた人で、電話もパソコンもないから予約ははがき、手紙だけ。「予約の取りにくい宿」としてマニアには隠れた人気があるようだ。」
https://ameblo.jp/t-ka/entry-11541175745.html

 更に以下は訪問記事です。
http://blog.noda-kanko.com/2010/0428_093700.html
http://blog.noda-kanko.com/2017/0628_092758.html

 第2展示館に向かいます。入り口にはロッコーンというタイのアカ族の集落入り口の門があります。悪霊の侵入から村を守るといわれるもので、日本の鳥居に似ています。牛頭天王社を参拝し、第2展示棟を見学です。タイのカレン族の高床式住居も見学しました。ここには泉田之也さんの、のだ焼きの作品が展示されていました。泉田さんは朝日陶芸展でグランプリを2度、日本陶芸展で優秀作品賞を獲得した作家で、創造力あふれる感性が生みだした個性豊かな芸術作品、生活実用作品です。




2018年4月23日月曜日

1283「三陸7」2018,4,23

 1日朝も元気に目覚めました。べっぴんの湯で朝風呂を頂き、美味しく朝食を皆さんで頂きました。8時に宿を元気に出発です。


最初の目的地は小袖海岸にあるつりがね洞です。以下の様に紹介されています。

「つりがね洞という名称は、1896年(明治29年)の明治三陸地震による三陸大津波で崩壊する以前、洞穴の天井から釣り鐘の形をした岩がぶら下がっていたことにちなむ。
 現在は残った空洞がシンボルとなっている。2011年(平成23年)の東日本大震災でも大きな津波に見舞われたものの、つりがね洞周辺の景観に大きな被害はなかった。
毎年6月の夏至を挟んだ約3週間のみ、日の出の光が穴を通る。
 夫婦で来世にいく際、この地で落ち合い、釣り鐘を鳴らしてから極楽浄土に行くと言い伝えられていた。つりがね洞に隣接し、浄土ヶ浜(岩手県宮古市の浄土ヶ浜とは別)がある。」

 6月夏至の辺りに日の出が穴を通る様です。以下は2011年6月6日の映像です。

   県道268号線のカーブの脇に少しの駐車スペースがあります。そこからつりがね洞を見学しました。直ぐ下の海には船が出ていてもぐりをしていましたが、ウニ漁でしょうか?







更に県道を南下すると小袖海女センターに到着です。ここは北限の海女のふるさとと言われますが、NHK朝ドラのあまちゃんの舞台です。 
 以下の様に紹介されています。
「東日本大震災で流された前施設に代わり、平成26年12月に完成した新たな小袖海女センター。地上3階建てで、1階は観光案内所や産直施設、2階には海女を紹介する展示コーナー、3階には軽食スペースが設けられ、2015年4月に営業を再開いたしました。」

「断崖と岩礁がつくる雄大な陸中海岸は、また「北限の海女」がいることでも有名です。作家・水木洋子の脚本で一躍有名になった「北限の海女」で知られる小袖の、海女たちは遠く、遠洋に出かけた夫の留守中、家族・子供をを守り、生計をたてるために行われていたものである。海女の実演も行われ、採ったウニをその場で賞味するのも格別です。海女センターでは資料の展示や海の幸の直売もしています
 毎年8月第一日曜日は「北限の海女フェスティバル」が開催されて様々なイベントを楽しむことができます」

 朝早く着いたのでセンターは未だ閉館中でした。海岸を散策しましたが4月1日は漁の解禁日のようで、港にはわかめ、貝を採っている方が沢山です。私たちも収穫を楽しみました。







2018年4月22日日曜日

1282「三陸6」2018,4,22

 久慈渓流鏡岩を後にして目指すは山根六郷桂の水車広場です。久慈市山根町端神地区
にありますが、今日宿泊予定の新山根温泉を左に見て更に山奥に進みます。この山根六郷桂の水車広場は以下の様に記されています。
 
 「北上山地・遠島山(とおしまやま 1262m)の山懐に点在する旧6カ村が、藩政時代から山根六郷と呼ばれてきた。久慈市山根町の6集落(端神、木売内、上戸鎖、下戸鎖、細野、深田)である。奥山の沢の清らかな水とともに、伝統的な暮らしが受け継がれてきた。
 板壁や茅(かや)ぶきの古民家が残る。かつて塩作りの盛んだった北三陸沿岸部の野田や久慈と内陸部を結ぶ「塩の道」沿いにあり、「たたら製鉄」で栄えた。
 人々は昔からソバ、豆、雑穀を主体に険しい土地で農業を営んできた。雑穀をひく水車小屋は里のシンボルになっている。水車広場で開かれる「くるま市」では、郷土料理の豆腐田楽や手打ちそばを味わえる。」  

「なつかしい郷土料理や、渓流のせせらぎが心にしみる 端神地区の「桂の広場」では、4月から12月までの第1日曜日「くるま市」が開かれます。
 ゆかべと呼ばれる手作り豆腐や栗餅、おから餅焼きストギなど、山根六郷に伝わる郷土料理が人気を集めています。
 また、5月と11月に開催される「水車まつり」では、そば打ち体験や郷土芸能が披露され、大勢の観光客で賑わいます。山根六郷に つたわる郷土料理の数々いまや健康食として注目を集めている雑穀をつかった寒冷地ならではの味が楽しめます。」
 
 この地は故森繁久弥さんがこよなく愛して所で、以下の逸話があります。
「平成3年7月、森繁久弥さんを乗せたヨットが日本一周の旅の途中で久慈港に入港しました。山根六郷の端神地区にある「桂の水車」を訪れた森繁氏は、地元の人々の温もりあふれるもてなしに感激し、この地区を「別嬪(べっぴん)村」と名付けられました。森繁氏が愛した山根六郷・桂の水車広場等では、ありのままの自然を求めて人々が訪れます。」

 「水車まつり」の様子は以下のサイトに詳しく記載されていますが、のどかな中に人々の笑顔と楽しい交流の様子が見えます。水車小屋と村まつり、水神様を讃え、端神の大桂の巨木を中心に集う場。今は見られなくなった日本の原風景がある世界です。
  
  
 3月31日はまだ冬篭りで村も水車小屋も人っ子一人居ない淋しげな世界です。しかしここに沢山の方々が集う様子が目に浮かびます。大事な所です。木内さんも懐かしげに見学して、これからの村作り構想にもヒントになりました。少し散策して宿へ向かいました。






 新山根温泉は別名「べっぴんの湯」と呼ばれています。
 「新山根温泉べっぴんの湯は古くからたくさんの人々に愛されており、入湯するためにはるばる遠くから通う方もいらっしゃいます。
 その最大の魅力は、pH10.8という東北随一の強アルカリの湯にあり、湯につかった瞬間からお肌のつるつるすべすべ感を感じることができます。
 気泡風呂やサウナ、露天風呂も付いた大浴場と、青森ヒバの香り漂う小浴場のそれぞれをお楽しみいただけます。
 にほんの里100選にも選ばれ伝統文化を色濃く残す山根六郷(久慈市山根町)に位置するべっぴんの湯は、季節を追うごとに様々な色を見せてくれます。
 春は花が咲き乱れ、夏には草木が茂り、秋には実りを結び、白い冬も人の温もりがあります。あたりまえの素朴な自然の風景は今も美しく、見る人の目を楽しませてくれます。
 そんな日本の原風景を残す山根には、豆腐田楽やそばきり、マツタケ、清流に育まれたイワナなど、素朴な食文化が数多く残っており、べっぴんの湯では、それら郷土食のほか、地元久慈市の海の幸、山の幸を中心に心からのおもてなし料理を取り揃えております。」



 温泉はすべすべで心地良く皆さんにも好評でした。夕食は豪華な船盛の刺身も山海の幸がふんだんで食べきれない位です。美味しく頂いて、2次会も楽しく過ごせました。そして熟睡です。

2018年4月21日土曜日

1281「三陸5」2018,4,21

 さてその「一人一芸の里 おおのキャンパス」に到着しました。広大なキャンパスで、さながら大学の構内の様な感じです。最初に道の駅の物産販売所に入り、その次に産業デザインセンターの展示室・販売所を見学しました。農作物、加工食品、大野木工の作品等がたくさんです。皆さん興味深く見てまわり、買い物を楽しんでいました。




 木内さんの目指す村作りでも基本は食物を出来うる限り自給できる事です。エネルギーも自前で確保し、各自の得意な仕事で仲間の皆さんの必需品を作り、余分なものは外部の必要な方に販売する形です。住む場所、建物は共同あるいは個別にして、通いも出来る。そこには集える場所、センター的な建物、農作業し加工できる施設も必要です。自然と共生し環境豊かな中でいろいろなイメージが膨らんでいきます。

 次の目的地は久慈市の道の駅久慈やませ土風館です。久慈市も311の東日本大震災で津波の被害に遭いました。やませ土風館は市中心部にあり、観光情報をゲットするには持って来いの所です。やませ土風館は物産館の「土の館」、観光交流センターの「風の館」に分かれています。
 土の館に入ると直ぐにNHKの朝ドラで好評だった「あまちゃん」で有名になった北限の海女さんのコーナーがあります。その奥には、久慈の秋まつりで実際に運行に使われている大きな山車と神輿を展示されています。暫し郷土資料展示コーナーなど見学して寛ぎタイムです。


 久慈は琥珀が有名ですが琥珀博物館はパスして、久慈渓流の景勝地 の鏡岩を見学しました。鏡岩には以下の様に紹介されています。
「川に面した山腹は断崖となって落ち込み、変化に富んだ渓流の美しさを見せており、代表格である「鏡岩」は見応え十分です。とくに春の新緑や秋の紅葉は見応え十分です。渓流の途中には岩手の名水20選に選ばれた「不老泉」が湧いており、多くの人が美味しい水を求めて訪れます。」
 国道281号線から少し入った鏡岩園地で川岸にそそり立つ巨大な岩壁は見ごたえがあります。