2018年2月9日金曜日

1210「悠々自適5」2018,2,9

 最後に杉浦先生からお題目のお話がありました。

「皆さんが森羅万象にありがとうございます、と伝えていたら災い起きません。そうすることで諸々が味方になります。南無妙法蓮華経にプラスアルファで全部が味方してくれるのです。
 次のお言葉を唱えることで、定業の汚点を改善してくれます。
「無始己来(むしいらい) 訪法罪障消滅(ほうぼうざいしょうめつ)
 今身(こんじん)より、佛身(ぶっしん)に至(いた)るまで
 持奉(たもちたてまつ)る本門(ほんもん)の本尊(ほんぞん)、
 本門(ほんもん)の戒壇(かいだん)、本門(ほんもん)事行(じぎょう)、
 八品(はっぽん)所顕(しょけん)、上行(じょうぎょう)、
 所伝(しょでん)本因(ほんいん)下種(げしゅ)の
 無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」

※ 定業について:
 1、前世から定まっている善悪の業報(ごうほう)。決定業(けつじょうごう)。
 2、念仏四業の一。座禅によって精神を集中し、仏を観ずること。

 皆さんでこのお言葉を唱え、南無妙法蓮華経のお題目を上げました。
 その後に杉浦先生のお言葉です。
「世の中の為にお役立て下さいと願い出て身体が治っています。今をお任せにして宇宙の意向に沿うことで正してもらえるのです。全ては妙法、不可思議で、健康で思うような人生を歩めるようになります。」

 いよいよ懇親会です。会場を整えて、席決めの籤を引いて着席し、いよいよ杉浦宇宙僧の乾杯です。
「人に後ろ指を指されることを畏れることなく、これからも犯すであろう我々の数々の過ちに乾杯。」
 この言葉に始めて接する方は驚きですが、お陰様で安心して楽しめる祝杯の言葉です。私もこの乾杯を是まで何度楽しんできたのか、20年は過ぎますが、これでお酒を飲むと人間の性でしょうか打ち解けて寛ぎます。


 そしてスペシャルなTさんの豪華な手料料理に皆さん歓声を発し、その美味しさにも大満足です。Tさんは地元で料理教室を主催して多くの方々に指導しています。古いお付き合いです。



 更に特別なにごりの日本酒を美味しく頂きました。久しぶりの皆さんです、初めての方も打ち解けて話が弾み、私もこのお酒を頂きほろ酔い加減です。しかしあっという間に2時間が過ぎ、お開きの時間です。
 エネルギーに満ち満ちた2018年の楽しい信念会でした。最後は綺麗に片付けて、杉浦先生ご夫妻と集合写真を撮り、恒例のお別れのハグタイムです。20年前からのご縁のFさんはじめ、料理のプロのTさんなど宇都宮の面々はありがたい存在です。来年も信念会の料理をお願いしてお別れです。



 「自分で自分を自分する。今に生きる自分道」を実践して、元気に楽しく、思い通りにこの世を謳歌し、「曠然自適」(こうねんじてき)で皆さんとまた、明るく笑顔で再会したいものです。

 仙台に戻って程なくして杉浦先生の2018年2月の言霊が届きました。
「春入 千林」(しゅんにゅう せんりん) 春は千林に入る
 その意味は
「春は心を弾ませるエネルギーを持ちあわせているようです。
 春の風も取り込んで 明るく 楽しく
 イキイキ ワクワク うれしく 
 生きましょう!」


 立春を過ぎ、2018年が始まりました。悠々自適にこの世を満喫しましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿