2017年12月19日火曜日

1158「近未来2」2017,12,19

 大洪水の前の女性の生理は1年に1回でした。今は月の潮汐運動の影響で、不安感を促した状態になり、生理は毎月1回になっているのです。元々は、銀河の中心はいて座でそこからエネルギーが地球に来て、年に1度、我々の身体に届くと不安になって子供を作るという、そういうバイオリズムでした。そういう中で大洪水になり地球も変わって来ています。
 
 海岸は今よりマイナス2000mで、低い位置でした。大洪水で水嵩が増して海岸線が2000m増えたのです。そして標高0m地点の気圧は今より1気圧高く、2気圧でした。今は水が増えたので海岸線が高い位置の環境になり、二酸化炭素が海に溶け込んで気体が少なくなり1気圧になったのです。この差の中で生命体が発生することになりました。昔の気圧で生命は誕生するのです。
 水は圧力で性質が変わります。圧力の中で変わり、水は普通金属を吸着します。生命体は栄養を取って胃袋で消化し、腸で吸収します。細胞膜には穴が開いていて、浸透圧で細胞の膜を通って行きます。
 細胞の内側の濃度が濃いので、細胞の外側の濃度の薄い方から、細胞の中へ入って行くのです。その時に弱い化学反応が生じて熱が出ます。その他に不純物が出ます。それが血管に戻って腎臓でろ過されて体外に出ます。ではその細胞膜の穴からどうして濃度の濃い内側から薄い外側に出たのかです。普通は濃い方から薄い方には出ないのです。
 細胞が新陳代謝しないのが病気で、やがて機能不全になります。元の様に循環することで細胞が再生することが自然治癒力ですが、なぜ濃い方から薄い方に不純物が出るかです。
 水の中にパチンコ玉を入れるとイオン化し、汚れがイオン化すると結合します。つまり、細胞の外側に1気圧高い水があると外へ引っ張り出すせる事に気が付いたのです。
 生死を彷徨って見た時に、そのメカニズムに気づいて、太古の水を作ったのです。某大学の先生に、癌の治療ではどういうメカニズムで治るのか聞いたのですが答えを出してくれませんでした。又、薬を飲ませて、その薬でどういう状態になったのかを聞いたのですが、それについても答えてくれませんでした。その薬で症状が消え、軽減し、対症療法で治っただけだという事でした。

 化学反応、生体物理学を学んで行きました。そこでは癌に成ると細胞の活性水が無くなり、金属イオンが増えて溜まる状態になります。細胞内にエネルギーが残るのです。その為に電気が流れないので、細胞を新たに作れないのです。細胞は磁界が無いと出来ません。つまり、細胞の中に溜まって増殖し、肥大化すること、それが癌ではないか、と思います。
 そこの流れを良くして、金属イオンを引っ張り出すことをするのです。癌の患者は金属イオンだらけです。細胞の回りの活性水が、細胞内の不純物を引っ張りだせることができるのです。1気圧高い所で生命が継続しているので、今の常態では病気になりやすいのです。
 ブロッコリーやキャベツ類の茎、芯のところに活性水があるのでそれを食べると良いです。
 有名なルルドの泉の水、そこの聖水でなぜ癌や病気が治るのか。水は岩盤で圧縮されていることがあります。そこで結晶化して出てくる水は腐り難く、活性化しているので身体に良いです。しかし普通の水に戻ろうとして暴れるので、1週間位で普通の水に戻ってしまいます。御神水も同じです。その水を固着せず、変化しない様に出来ないかです。

 28歳の頃にいろんな先生がこの水を治験されたのですが、怖いお兄さんから脅かされて止めました。ミドリ十字の片割れの人達でした。名古屋の先生に、キューピーさんから、マヨネーズを作る処で水が凄いと言って研究費が出ました。しかし2価酸化鉄塩を作ったので、それは違っていました。1996年には海洋深層水で癌が治ったと発表したのですが、水が安定しないので再生できませんでした。
 私の太古の水は35年経っても飲めて効果があります。途中のメカニズムが分かりました。未来の医学は面白いです。それは和漢方です。食べる事でできます。薬に精製すると駄目です。

0 件のコメント:

コメントを投稿