2017年12月3日日曜日

1142「幸せ10」2017,12,3

・身体は休める時に休め、食はどうか。
 私は昔、肉が好きでした。しかしビーガンになりました。昔は食べるものは肉か魚かで、焼肉と寿司、そして地酒が主でした。板前として最高の物を食べろ、と師匠に言われ、いつも最高級のものを食べていました。
 でもそこからビーガンに成ったきっかけは、私が真底変わりたいと思った時に指導霊からの指導で、菜食をして自分を見つめる事をしました。
 私が肉を食べたいと思ったのは何時からか?肉はそのまま食べたら不味いのです。実は肉は調味料、香辛料で食べているのです。魚も生よりも醤油が上手いのです。
 触感は宇宙的で、私たちはあらゆるものを求めています。肉などを噛み切る時の感じを得て、その触感を味わい満たされていくのです。ですからその時の、肉、魚の触感なのです。味は調味料で決まり、素材の美味しさと思い込みをしているのです。
 美味しいのは調味料で、その触感を似せた代替料理を作ると誰が食べても美味しいとおもいます。そのもどき料理で満足するのです。肉魚で無くても美味しければ良い。それなら代わりの食材がある。ということで私はあらゆるもどき料理を作り、喜んでもらいました。

・身体のメンテナンス
 身体の健康を得ること、メンテナンスの基本は寝ることです。睡眠時間を充分とるのです。私は寝ている時に霊界との関与が多いので、あまり眠れないのですが、兎に角横になります。 
 お風呂は浄化に良いのでゆっくり入ることです。水の神、火の神が働くのがお風呂です。その中で、「癒し給え、治したまえ」と唱えて入るのです。
 後、太陽を浴びる.ことで浄化になります。
 テキスト43頁の浄化の仕方を参考にしてメンテナンスをすることです。

・ポジティブの言葉をかけているがネガティブが抜けない
 手ごわい吸収体質ですと、ネガティブなものが入ってきます。そういう方は毎日浄霊、浄化が必要です。それをライフスタイルの中に入れることです。そして最低でも+、-、ゼロにするのです。
 良いエネルギーを取り入れて健康な状態にしていきます。どうしても余裕がないとネガティブ思考が入って来ます。先ず健全な自分を体験することです。その時の思考か知るのです。その時には、本来ポジティブな幸福感を感じているはずです。
 朝起きて、背伸びして気持ちが良い、と感じる。その幸福感でスタートが出来ます。もしそれが出来ないとしたら理由があります。それは万年疲労かもしれません。
 大切なのは身体との関わり方です。人間関係では、言葉を良く選び、行動を改善するのです。そうしてホットすると安心します。何かアクションを起こさないと変われません。

・鈍い人、敏感な人で月の影響は同じか
 感じ方は違います。その出方が違います。自分の体質、霊性を理解した生き方が必要です。自分に見合った生き方をすることです。

・石、木とのコミュニケーション
 樹木は生命体で集合意識体です。松と松は仲良しで、集合意識体があって根っ子で会話をしています。微生物を介して対話をしているのです。もし松と松の間に他の木があると虐めがあるのです。木にはお抱えの微生物があって、そこに秘密があり、それを受けて木は葉、枝を揺すらせるのです。
 御神木とコンタクトすると、他の所でおきている事を感じているのが分かります。そのネットワークが出来ています。「木を切るな」と言います。植林することは駄目です。そして木を切っては駄目なのです。
 竹や葦の1年草、イネ科のもので食料や繊維になるものがあります。1年で伸びるので竹を毎年切ることは良いです。しかし木は切っては駄目です。「我々を切るな」は木の声です。竹は宇宙植物でどこでも繁殖するので良いです。麻も良いです。
 石には感情が無いエネルギー体です。石と岩とは対話が出来ません。石の中に情報が入り、メモリーされて意識がストックされているだけです。ですから2000年前の意識が入ったりします。
 岩はエネルギー体ですが吸収しストックするものです。対話は出来ないのですが岩から情報を得る事は可能です。時代、時代のシャーマンがそうしていました。又、他星人も岩に情報を入れていました。
 植物に話しかけ、愛情を掛けると良いです。それに応じてくれます。皆に差別せずにしてあげると良いです。無視は駄目です。無視されると枯れていきます。良いエネルギーの所の木は長生きします。ですから直ぐに枯れる所、枯れない所があります。


0 件のコメント:

コメントを投稿