2017年5月24日水曜日

949「日月地12」2017,5,24

 4月23日はシャーマニックLIVE ~シャーマンの言魂と音魂の世界~ です。3部構成になっていて、第1部は浄音ライブ、第2部はお伝えライブ、第3部はシャーマニックLIVEで、神人さんとあやこさんのコーラス&口琴のジョイントです。

 最初の浄音ライブはひたすら、すず、りん、ドラなどの響きに身を委ねて、鎮魂浄化の音魂ヒーリング、心身の、浄霊、浄化の時空間です。各自にまとわり付いている不浄な有形無形のものを清め、大いなる存在との繋がりを良くして、次の第2部のお伝え前提条件を整える意味もあります。
 身体は深く、広く、緩み、思考が無くなり、ただただ委ねる無なる世界です。

 休憩を挟んで第2部のお伝えライブで、異次元存在から伝えられる、今これからの貴方に必要なメッセージを届けるチャネリングメッセージです。冒頭に神人さんから説明がありました。

「皆さんを指導する霊的存在である、指導霊の言葉をお伝えします。喩えると、異次元のラジオのデスクジョッキーが指導霊です。私、神人はラジオで周波数を切り替えて皆さんに合う周波数に合わせ、そこから流れる言葉を媒体として伝えるだけです。
 霊媒には色んな種類があります。このお伝えは、ただ伝えるだけです。媒体になる私は、思考や感情を介在させないので、伝えた内容は記憶されません。私が媒体として伝えるのは指導霊の言葉です。神人はラジオなので、その内容を聞いて、私に文句は言わないで下さい。

 第1部で浄霊されているのですが、浄霊が全部し切れて居ないので、私が向き合った時に、必要に応じて、手を渦のように動かしたりしながら浄霊をします。それは守護霊からのお伝えを邪魔されないようにするものです。
 お伝えの大方は説教です。優しく抉る様な内容です。恥ずかしいことは無いのですが、言われている本人は分かることです。その時ピンと来なくても、やがて意味が分かる事もあります。
 他の人のお伝えも響く事が多いです。全ては自業自得なことです。霊視して言う事はしません。このように繋ぐ事の方が、言う内容は勉強になるものです。稀に吸収体質、霊媒体質の人もいますので、乗り物酔いの様になる人が出ますが我慢して下さい。敏感な人が稀にいますが、その時だけですので心配ありません。

 いよいよ私たちスタッフとあやこさんも含めて、総勢33名へのお伝えが始まりました。何人かの方のお伝えを紹介します。

・K、Sさん
「嬉しいことが沢山あり、自分が行きたい、見たいもの、話したいものを定めて行けば良い。何をしたいのか、したい様にする。その見方だ。」

・K、Yさん
「沢山の出会いが用意されている。恋しく思う人、時間は流れていく。時の感じ方は、ゆっくり、早く、苦しく、嬉しく感じたり、いずれにしても流れに身を任せて、逆らわずに、すっと笑わなくて良い。自分らしく。だが元々穏やかな存在で、卑下する必要ない。今でも多くの人の的になっている。」

・Y、Iさん
「強くあらねばならぬことは無い。自分を解放できた時に人間関係が変わる。より良く接したいと思っている。それを察したら穏やかに、華やかに、自分らしい歩みになる。それでするのが自分の歩みだ。」

・K、Tさん
「言葉は如何様にも受け取れる。言葉を選ぶ。話さないは伝わらない。話すように言葉を選ぶ。1つ1つ考えてからで十分だ。話せないわけでない。準備して伝えると思えば良い。」

・M、Hさん
「苦しみは少しずつ和らぐ。意識と共にどんどん楽になり、人間関係も整理して、ゆっくりと慌てずに次のステージに行く。手放す事で変わることだ。不安だが、変わると喜びが流れてくる。焦らずに、ゆっくり変われば、より大きく変わって行く。」

0 件のコメント:

コメントを投稿