2017年5月21日日曜日

946「日月地9」2017,5,21


・塩の浄霊、浄化
 塩は袋のまま使います。塩袋を布で囲ってしまうと良いです。身体の表、裏を塩で挟んでします。ただ置いておくだけで良いです。普通は、塩は駄目になりません。
 魔物が来た時、生きた人の念も塩で払えるのです。稀に塩が駄目になることがあります。塩の量が多いほど良いです。さらさらしているものが良いです。
 
 寝室に1キロ袋を置いておくと良いです。お風呂にも袋ごと入れる。上がったら袋を置いておく。マイナスエネルギーを溜め込まないことです。貯めると何もする気にならないなり、思考がネガティブになります。小まめにマイナスエネルギーを抜くことが良いです。
 塩サウナがベストです。自然にある塩湖が良いです。熟睡が最高の快楽です。寝てると霊意識が研ぎ澄まされます。クリアーになると、良くも悪くも受けやすくなります。

 霊障があるのは1割弱です。体質的には感応体質や吸収体質、憑依体質、霊媒体質などには塩が有効です。塩はお守りになります。使った塩を太陽に当てるとリセットできます。
 寝ている時に布団の4隅、枕の下に置きます。部屋に塩を撒いて祓うことが出来ますがもったいないので、4隅に塩を置くのが良いです。
 相手が良くなり、クリーンになるのに、笑う事も浄化で、場の浄化にもなります。
 マンパワーで、舞いや適度な運動が良です。身体を苦しめるものは逆効果です。喜びを感じられるレベルで、やっている課程を楽しめることが良いです。

・言霊
 感動の言葉、喜びに繋がる表現なら良いです。1日の中でどれだけ喜びの言葉を言っているのか。マイナスの言葉で負の連鎖を作っています。
 ありがとうございます。感謝します。大好き。嬉しい。愛してます。
 対人関係、人間関係を清めることで、お互いに喜びになります。
 ありがとうございます、褒める、慰める、愛。これができると人間関係がガラッと変わります。言葉には意味も含まれています。
 ポジティブなものが良いです。未来に喜びに繋がる内容で、相手に良いエネルギーを送り続けることで出来るもの。相手が絶対に変わると思ってやることです。状況を変えられると信じてする。まず自分の中のネガティブなものを変えて行くことです。ネガティブなものあるので消せないので、まずどう感じるかです。
 
 ネガティブを見て、短く小さく終わらせることです。認めて、数秒で終わらせる。何にどの様に時間を使うのか。ハッピーな対象に使う様にすること。どのようなエネルギーを欲しているのか、あらかじめアイテムを用意しておくのです。時間を使わずに、自分がポジティブであれば、ネガティブなことがきても大丈夫になります。
 しかし沢山の未浄化霊が来ると太刀打ち出来ません。その時は素直に諦めること。そして、それに対応出来る霊団にお願いするのです。それは誰でも出来ることです。

・大日月地大神
 大日月地大神は銀河ネットワーク、宇宙を意味します。ここにお願いします。宇宙警察への110番で、それが祝詞です。いい加減にすると駄目で、しっかり、ちゃんとすることです。
「むーうーるーうーおー
 大日月地大神御魂
 日々御加護下さり誠に有り難き思い奉ります
 大日月地大神御魂
 祓え給え、浄め給え、守り給え、導き給え (前の大日~此処まで繰り返す)
 (病治しの時:癒し給え、治し給え)
 ひふみよいむーなーやーこーとーももちよろず
 むーうーるーうーおー」

 これを最低3回します。祝詞は霊団と契約することです。霊界と約束をすることになるのです。この霊団無しには神人は生きられません。お経、呪文も異次元の存在にお願いすることで同じです。
 自分の身体の痛いところに手を当てて右巻きの渦を作って祝詞を唱える。そうすると霊気がそこに入って、自己治癒力が高まります。他人にはしないことです。相手のものを受けるので自滅します。
 神人がやる時には、霊団が受け取ってくれていて、神人に貯まらないのです。やると効果がでます。素直に感謝の念でちゃんとリンクできたら可能です。





0 件のコメント:

コメントを投稿