2017年3月5日日曜日

869「五大巨石7」2017,3,5 あえりあ・立石神社

 夕食後はホテルロビーで夜のミーティングです。濃厚な時間を皆さんと共有できました。求めよ、さらば与えられん。自分の意識、想い相応の頂があります。そんな中での中山さんからのコメントの一部を紹介します。

「言葉で言うこと伝わらない。」

「改めて今までと違うことをする。その時に少し気持ちが悪い感じがするが、しかしそこを越えなかった。新たなことに対して、自分で乗り切れるか。そこを突き抜けないと駄目だ。」

「日にちを区切っているのは終わりでなく、そこから始まりということ。」

「何もしていないと抜けられない。見えない世界の厳しいことを自分で判断し、決心することが大事。」

「遣らないから罰が来ると脅かすことはない。是までの宗教と違う。突き抜ける覚悟をすること。」

「Sさんも勝手にこれで良し、で歌を決めれば良いのに、過去に囚われている。それではない。宗教団体の様にする気は無い。各自が響きを伝えること。その為にどうするか。どのように皆に伝えるのかだ。」

「四方八方へ各自が伝えること。何を伝えるのか、次に伝えることが無いと変わらない。」

「せっかくここまで北をやって来たのに誰が次を遣るのか。10大地点を遣ったけど、それでは何にもならない。それから先を作りたい。新しく成る為のステップで、皆が遣らないと打ち上げ花火でしかない。」

「大変なことを表でしっかり出来るか。私は出来るのか?それを自分で決めてくれれば良い。本当に伝えることを決めるかだ。」

「今まで言っていたことでちゃんとできたら是までに切迫することは無かった。進んでいないことがある。そこを自分でちゃんと作り、余裕がある人はもっとすれば良い。」


 ロビーが23時で消灯になりましたので終了です。明日に備えて就寝です。翌朝も清清しく目覚めることが出来て、朝風呂ですっきりして美味しく朝食を頂きました。
 ホテルの出発は8時半で少し余裕です。2日目の最初の目的地は一関市の立石神社です。遠野から高速道路を西進し、花巻ジャンクションから東北道を平泉前沢ICまで南下です。

 神社への雪道を登るのに少し難儀しましたが無事に神社境内に駐車できました。雪が残る裏手にある巨石の立石へ向かいます。







 聳え立つ巨石の前に私とTさんが立ち、後方に指定の配置であわ歌を響かせました。皆さんと距離があるので響きが良く聞こえるのですが、何ともバラバラな音で、どうしたのかと言う感じでした。終わった後のお言葉です。

「たらりこ たんたんたん たらり
 日は昇り来て、この地を照らし、大きなる印を皆様に伝えたり。
 響きと共に、これより発して、この地球を支えまつらん。
 皆々様、お頼み申す。晴れ渡る、嬉しきへ。」10:45


0 件のコメント:

コメントを投稿