2017年9月25日月曜日

1073「シャーマン11」2017,9,25

 3日朝は素晴らしい天気に恵まれました。台風は遥か東方に過ぎ去り今日1日は好天に恵まれるようです。朝風呂を頂き、朝食は7時です。朝食も精進料理と普通食に別れますが、半バイキングでそれなりに工夫していて美味しく頂けました。
 この不二やホテルは是までも天命塾では何度も利用していますが、毎回皆さんに好評を頂いています。こじんまりした旅館ですが和風の豪華さ、おしゃれな雰囲気がさりげなく落ち着くのです。お風呂も露天も素晴らしく私もお気に入りの宿です。
 玄関ロビー脇にはギャラリールーム「夢見館」があります。売店でも皆さんお土産を沢山買っていましたが、元気に清清しい出発に成りました。



 8時過ぎにバスは発車して一路、岩手県岩手町の浮島古墳に向かいます。途中、岩手山が綺麗に全容を現して出迎えてくれています。

 高速道路を下りて一般道路を東に進むと正面に送仙山の台形状の全貌が見えます。更にその後方に端整な姫神山が見えます。浮島古墳は送仙山の麓にあります。
 これら岩手山、送仙山、姫神山の3山に物語があります。以下は「岩手の伝説」から紹介します。
「太古、岩手山は雄神で、姫上山(1125m)を本妻とし、南の早池峰を妾としていた。しかるところ姫神は、嫉妬が激しすぎるというので、岩手山は夫婦の縁を切ってしまう。
 姫神はこれを恨み、麻をつむいだ丸緒(へそ)を、岩手山の裾野に投げつけた。これが数多くの塚になり、やがて丸緒森になった。
 また、姫神をポン出す(追い出す)とき、岩手山はオクリセンという従者をつけ、ずっと遠くへ送るよう申しつけたが、姫神はすぐ近くの真向かいに座してしまった。岩手山はこれを見て大いに怒り、命に背いたオクリセンの首を切った。この首は、岩手山の右裾に見える大きな瘤になった。
 こうしたことから、姫神山に登る人はその年は岩手山に登ってはならず、岩手山に登る人は、姫神山に登ってはならいという。もしもこの禁を破ると、必ずその者に災厄があるのだそうだ。」
 
 このように岩手山と姫神山を巡る神話には、送仙山というあまり目立たない山が登場します。岩手山の命令を受けた送仙山は姫神山が不憫で連れて行くことが出来ずに夜が明けてしまう。まだ身近に姫神山がいることに気づいた岩手山は、激怒して、送仙山の首を刎ねてしまう。だが、姫神山とよりを戻し、冷静になった岩手山は、送仙山に申しわけなく思って、切り落とした首を自分の肩に載せた。それが岩手山の東の裾野の瘤になった。と言うのです。このような古の人たちの想像力には驚かされます。霊界の存在では有り得るのかもしれませんね。

 浮島古墳は以下の様に紹介されています。
「奈良時代後期から平安時代初期に造られた土饅頭式の小円墳郡。円型船底古墳で、屈葬形式の土葬墳である。発掘調査の結果、直刀、ヤスリなどの鉄器、ガラス玉、丸玉などの副葬品が出土した。岩手県指定史跡」






 到着して古墳を見学しましたが、神人さんはお墓では演奏はしない事にしているようです。以前に他の所でそのこ主に怒られたようです。
 レイラインに関する興味深い以下の様な記載があります。
「姫神山の北西にある送仙山は、じつは姫神山と大湯環状列石を結ぶちょうどその線上に位置している。
 姫神山と送仙山との間には遮るものがなく、どちらからもその山容がはっきりとわかる。興味深いのは、送仙山の姫神山と向き合う反対側に、浮島古墳と呼ばれる奈良時代末期のものとされる墳墓や竪穴住居跡があることだ。
 さほど目立つ山ではなく、周囲の山と比して標高も高くない送仙山が、神話上、重要な役割りを果たし、麓には古代の遺跡を眠らせている。そこには、この山の持つ何か大きな意味がありそうな気がする。」

2017年9月24日日曜日

1072「シャーマン10」2017,9,24

 ライブ宿の大広間で17時半過ぎから開始予定です。アンプ、スピーカーなど音響器材をにゅーさんが用意してあらかじめ宿に送付してくださっています。
 ステージの準備も整い、いよいよシャーマンライブの始まりです。今回は神人さんはご自分の曲は一切歌いません。全てその場、その時の状態で大いなる霊存在の皆様に身体を委ね、全てお任せで演奏を繰り拡げられました。



 共演するお二人も神人さんの即興にそれ相応に対応して、自らもシャーマンに成りきる能力を要求されます。聞いている私達にはその妙なる機微は計り知れない世界です。




観客も舞い、声を発し、それぞれが思い思いにその感応の字空間を共に表現して行きます。
 静かに聞くも良し、霊媒の様に躍り狂い、跳ねて手を打ち、手を振り各自の御魂が喜びを共有して大きな渦が巻き上がり最高潮に達します。終わりは全てが出し切られた達成感でいっぱいです。












 1時間半に及ぶライブは最初から計画されたプログラムを終えたような、大きな捧げもの、大いなる拡がり、エネルギーの集中、拡散を見事の演じきったようでした。













 ライブを終えてお風呂に入り、いよいよ食事会です。このホテルには数年前に神人さんも泊まり、ライブを今回同様に大広間で行なっていました。その会場の誂え、応対にとても好感を持っていました。食事は神人さんはビーガンで一切の動物性食物を召し上がらないのですが、その時、神人さん用にお願いした、宿の精進料理が格別で、とても料理長の腕前に感動して、これまでの宿でも1番の精進料理と大変に気に入って下さっていました。
 今回のツアーでは参加者にもあらかじめ精進料理を希望されるか、普通食の希望か決めて頂いていましたが、7割の方は精進料理希望です。2日間の昼食も精進料理で手配した次第です。
 素晴らしきライブの後の直來です。豪華な料理にも皆さん大満足です。2次会、3次会も楽しく出来ました。




 ビーガンに付いては以下の様にありますが、神人さんは日本でその草分け的存在です。
「絶対菜食主義者・純粋菜食主義者。いわゆるベジタリアン(菜食主義者)と混同される事が多いが、卵や乳製品を食べるのに対し、ビーガンは、それらも一切口にしない。さらに、洋服、靴や鞄などにおいても、毛皮および皮革、ウール、シルクなど動物を使用した製品の一切を拒む人々もいる。代用品として、アクリル、綿、麻、レーヨン、ポリエステルなどが用いられる。
 ベジタリアンにもビーガンにも、ある程度の個人差と程度差がある。
 栄養学知識の少ない者が無理をし、骨のカルシウム密度が減ったり、内臓や眼や皮膚に障害を起こす事件も起きている。肉の代用として、豆、豆腐、納豆、肉もどき食品、ナッツなどでタンパク質を摂取することが必要となる。
 ベジタリアンと同様に、倫理上「殺生を嫌い」他の有情の動物全体を救いたい意識から志す者や、BSEやクロイツフェルト・ヤコブ病、あるいはクールー、そして鳥インフルエンザやSARSといった「動物性蛋白」に由来する病気を避ける健康上の理由から行うものもいる。」

2017年9月23日土曜日

1071「シャーマン9」2017,9,23

 階段を登りきった所から少し下ると、青龍神社の社がありそこから十和田湖を見下ろせます。その右手からは立ち入り禁止の占い場への下り口にいたります。


その登りきった右側に巨石が、小さなピラミッドの様にそそり立っています。狭い道を楽器を抱えて登って行きます。

 頂上の下に少し平らな岩場がありそこに神人さんとご両人が位置取りしていよいよライブが始まりました。先ずは神人さんの鈴でご挨拶が始まりコラボが繰り広げられます。
皆さんは巨石を取り囲むようにしてその演奏に聞き入っています。






 何人かの他の観光客の方が物珍しげに来ますがお引取り願って10数分の貴重な祈りの奉納ライブを行なうことが出来ました。めでたし、めでたしです。

 バスに戻って次の目的地、十和田湖の北側にある御鼻部展望台を目指して出発です。しかし、運転手さんは子の口から103号線は大型バスが行き違いが難しいので奥入瀬渓流を通ってバイパスで向かうといいます。当初は奥入瀬渓流の観賞は予定にありませんでしたので皆さんは大喜びです。
 途中で運転手さんとの話で分ったのですが、展望台からそのまま103号線は狭いので又、行った道を引き返さないといけないと言うではありませんか。乗用車はすれ違いは全然問題ないのですがバスは難しいとのことです。致し方ありません。御鼻部展望台はキャンセルして、石ヶ戸まで行って宿に向かう事に再度変更しました。それでも予定の時間を1時間くらい遅れる予想です。

 奥入瀬渓流は多くのハイカーが遊歩道を散策しています。道路沿いに見える多くの瀧、見所の渓流を運転手さんが説明して下さいます。石ヶ戸で下車して巨石を見に渓流まで下って行きました。





 以下が石ヶ戸の紹介です
「あまり激しい流れでもなく、かといってゆるすぎることもなく、といったイメージの石ケ戸の瀬。このあたりには緩急さまざまな流れがあり、テレビのCMなどでも見かける「いかにも涼しげな流れ」がふんだんにあります。」

「「ケ戸」とはこの地方の方言で「小屋」の意。つまり「石ケ戸」とは石でできた小屋、いわゆる岩屋を意味しています。実際、大きな岩の一方がカツラの巨木によって支えられて岩小屋のように見えます。そして、この自然の岩屋には、一つの伝説が伝えられています。
 ―昔、鬼神のお松という美女の盗賊がここをすみかとし、旅人から金品を奪っていた。その手口は、旅の男が現れると先回りして行き倒れを装い、介抱してくれた男の隙をみて短刀で刺し殺すとも、男の背を借りて川を渡り、流れの中ほどにさしかかるといきなり短刀で刺し殺したともいわれている―
 ところで、この女盗賊が住んでいたという石を支えるカツラの巨木は二本あり、そのうちの一本は、樹齢二百年とも四百年とも言われていましたが、昭和63年8月、地上4メートルを残して折れてしまいました。」

 奥入瀬の川の流れに手を触れて自然のエネルギーに溢れた空気を吸い込んで元気いっぱいで宿へ向かいます。
 奥入瀬渓流を左右変えてバスの皆さんが観賞できて満喫できます。やがて皆さんお休みになり車中は静かになりました。
 十和田湖を離れ黒石方面、さらに大鰐温泉へと向かいます。やがて雲が薄れて青空が見えてきました。遠くに岩木山の山容、裾野が見えます。


大鰐温泉 不二やホテルに17時過ぎに到着です。