2017年3月28日火曜日

892「蝦夷11」2017,3,28 黒石寺

 次の目的地の黒石寺は奥州市水沢区黒石町にあります。黒石寺はあわ歌の中山博さんとは何度も訪れているところで、有名な蘇民祭の中心となる天台宗の古刹です。年代的にはアテルイと坂上田村麻呂と戦い以前に開山されていますので、ある次期までは大和朝廷側と交流があり穏やかな関係の時期があったことが伺えます。
 黒石寺に付いては以下の表記があります。

「黒石寺は、天平元年(729)行基菩薩の開山で、東光山薬師寺と称したが、延暦年間の蝦夷征伐の戦火にあい寺は焼失した。大同2年(807)飛騨(今の岐阜県)の工匠が方七間の薬師堂を再建し、嘉祥2年(849)第3代天台座主慈覚大師円仁が復興し妙見山黒石寺と改名した、天台宗の古刹である。盛事には、伽藍48宇を数えたといわれる黒石寺も、弘長元年(1261)の野火、天正18年(1590)の兵火、そして天保11年(1840)の祭火、更には明治24年(1881)と火災にあい、伽藍の一切を焼失し、現在の本堂と庫裏は、明治17年(1884)に再建されたものである。
 本尊は、薬師如来坐像で、胎内に貞観四年(862)の造像銘があり、古代東北の仏教信仰を伝える貴重な作例である。また、「黒石寺蘇民祭」は、東北地方への蘇民信仰の伝播を伺わせる祭りで、古代の姿を今に伝える貴重な民族的遺産である。」

 その蘇民祭に付いて『備後風土記』の中に蘇民信仰の逸文が残されていますので紹介します。
「北海の武塔神(たけあきのかみ)が南海の神の娘をめとろうと旅に出、途中で日が暮れた。そこに蘇民将来と巨旦将来という兄弟が住んでいた。兄の蘇民(そみん)将来は大変貧しく、弟の巨旦(こたん)将来は裕福で家や倉を百余りも持っていた。武塔神は弟に一夜の宿を借りようとしたが断られ、やむなく兄の家に泊めてもらった。兄は粟の飯でもてなした。
 後に武塔神は八人の王子と帰る途中、兄の蘇民将来の所に寄り「かっての報いをしよう。おまえの子孫がその家にいるか」と問うと、「妻と娘がいる」と答えた。 すると「茅の輪(ちのわ)」を腰に着けるよう命じた。その夜、神は蘇民と妻、娘を除いてすべてを滅ぼしてしまった。
 そして「私は須佐之男命(すさのおのみこと)なり、後の世に疫病あらば蘇民将来の子孫といい、腰に茅の輪をつける者は疫を逃れるであろう」と言った。
 武塔神・須佐之男命・牛頭天王・薬師如来は同一神仏であるという。」

 穏やかな日差しの中、参拝できました。蘇民祭の行なわれる本堂には立派な龍の彫り物がそこかしこにあります。日本の龍神様は3本指、朝鮮は4本指、中国は5本指だそうです。数が多いほど上位に位するとの事です。







 本堂には蘇民祭のポスターが張り出されています。勇壮な裸参りです。

 本堂の右側奥の階段を登ると北斗妙見信仰の妙見堂です。


ここで木内さんから2005年の熊野本宮大社での御神事、翌年の二見が浦での禊の神事の事などお聞きしました。それは木内さんが、スサノウの御魂が未来に現われて九鬼宮司の収めている「無食い祝詞」の言葉の文章を作り、封印を解除した、というお話です。詳しい事はお伝えできませんが、そこから10年間、天皇が禊に入られ、昨年の退位のお言葉に至ったことも関連がありそうだ、ということです。

 黒石寺妙見堂に祀られている妙見菩薩の解説は以下です。
「妙見尊星王や北辰菩薩ともいい北極星を神格化しその本地仏。童顔の武将仏で玄武(亀と蛇の合体した想像上の動物)に乗り、唐服を着、笏や剣を持つ。
 脇侍は北斗七星を示す北斗菩薩。道教・陰陽道の影響が強く、武運長久、国家安隠、五穀豊穣の尊神であるが、物事の真相を見極める霊力があるとされることから眼病平癒の霊力を持つといわれる。平氏、源氏の妙見信仰には篤いものがあった。」
「北辰と言えば北辰妙見で、天御中主尊に繋がり、北極星(北辰)を神格化したもので、仏教でいう北辰菩薩、妙見、天王とみなす信仰です。この「天王」が牛頭天王(=素戔嗚尊)とされるから、妙見社に素戔嗚尊が祀られることも多い。」

 違う切り口で参考になりますので、以下のものも紹介しておきます
「天智天皇や持統天皇が大和朝廷を確立しようとした頃、アラハバキ神や瀬織津姫などの縄文神を封殺しようとしたのと同時に、古来からの縄文人やスサノオ、ニギハヤヒ、出雲族を抹殺しようとし、また、いわゆるスキタイ(騎馬民族)系など源氏系統の人々を関東以北まで追い払っていきました。
 後に大和朝廷と闘うアテルイたち蝦夷(エミシ)や、源頼朝などの関東武士(武士のルーツはアテルイです)たちにも妙見信仰がありました。
 幕末の戊辰戦争で敗れた旧幕府軍である新撰組の土方歳三や榎本武揚たちも、開陽丸に北斗七星の旗を掲げていました。
 新撰組が甲斐甲府城に憧れたのも関係があります。
 空海、修験道、武士…これらに密接に関わる北辰妙見信仰とは、とてもとても簡潔に説明することは不可能どころか、未だ様々な方が研究されており、何冊も本が書けるテーマですが、そこはオイラ、妙見研究家ではありませんので、バサッと結論を言います。

北辰の辰=ヘビ=竜=艮の金神
北辰妙見菩薩=弁財天=瀬織津姫=アラハバキ
艮の金神=アラハバキ=宇賀神=宇宙根元神
実にシンプルじゃないですか!

 元々、北極星・北斗七星信仰とは、宇宙根元神信仰なのですから、渡来人政権である大和朝廷にまつろわない縄文の系譜や、その人々と調和していたユダヤ、スキタイ系統の人々は、名前は変われど同じ神を信仰していたことになるのですね。
 いや、神と言うと誤解が生じる可能性がありますので、真理・法則と言いかえることができます。
 それを縄文アミニズムとも言います。
 人は宇宙根元神の分御霊(わけみたま)でありますので、私=神。
 また、神は万物に偏在しますので、山にも草木にも、動物にも等しく神を見出すことが出来る訳ですね。
 つまり、私はあなたであり、あなたは私であり、私はウリ坊であり、ウリ坊はあなたでもあると。」(縄文アラハバキが世界を変える)

 黒石寺、妙見信仰について以前のブログで記載しています。長文ですが参考にして下さい。
「自分で自分を自分する」322「日高見5」2014,6,28 

2017年3月27日月曜日

891「蝦夷10」2017,3,27 髢石、磐神社

 次の目的地は奥州市衣川区石神99にある磐神社です。達谷窟毘沙門堂から平泉方面に進んで直ぐ道路脇左手に巨石が鎮座しています。髢石(かつらいし)です。車を止めて探索です。




 巨大なかつら石は、幅10m、横5m、高さ7m程です。なぜ髢石と呼ぶのかその謂れは以下です。
「毛越寺から達谷窟に向う道路沿いに悪路王(…ここに悪路王伝説がある)が手下と住んでいて、美しい娘がいるとさらって来た。娘の中には逃げ出した者もいたが、直ぐ捉えられ、見せしめとして首を切り落とされ、太田川に捨てられた。首は下流の大きな岩に流れつき髪の毛を絡ませたという。この岩に娘達の沢山の髪が“かつら”の様にまつわりつき、それでこの巨石を「かつら石」と呼ぶようになった。」との事です。

 ここでも悪路王のことが悪し様に語られていますが果たして如何なものなのでしょう。
 かつら石の裏手に回ると巨木の石を抱きかかえるように幹を這わせ、石の頂上部にすっくと立ち上がり、さも石から直立しているような様です。驚きの木の生命力です。
 かつら石の7~8m程の山側奥に、つる草で覆われた見事な、凡そ各5m幅で高さが6~7m程もある三角形のメンヒルが単独で立っています。

 磐神社は何度も訪れています。田んぼの中に参道があり木々に囲まれてぽつねんとあります。今回は車が何台か既に駐車されています。社務所で集会があるようです。







 掲示板に以下の記載があります。
「磐神社
 延喜式内奥州一百社の内で胆沢七社 の一とされ、古代より崇敬された神で ある。この神社は男石大明神とも称し、 松山寺境内の女石神社と合せた陰陽の 二神で日本武尊、稲葉姫命をまつると され、二社に分れるが当社が本社とな っている。ご神体は東西一〇・二m、 南北八・八m、高さ四・二mの自然石 で古来社殿は設けないならわしであっ たが、明治三〇年頃、近郷の氏子の強い 要望による寄付金で拝殿が建築された。
 なお、当社のすぐ右前方には安倍館 があり、安倍氏は当社を守護神(荒覇吐神)として尊崇し、磐井以南に威 を振う拠点をこの地に形成したと伝えられる。」

 神社を参拝して裏手にある荒覇吐神の巨石を拝観しました。この巨石は通称、おいしさまと言われ、古来、松山寺境内にある女石神社と一対として祀られていてこちらが男石です。

 この石の配置を見て木内さんは以下の様にお話になりました。
「この巨石は西向きのL型に積みあがれたように配置されていて祭壇として使われていた。ここで祭りごとをしていて、この石の下に石室がある。」
 蝦夷の聖地であったのでしょう。磐神社の直ぐ南の小高い山は安倍館跡です。以下の記載もありましたので紹介します。

「磐(いわ)神社は、安倍舘跡の北側、直線距離で約500mの水田に囲まれた杉林の中にある。平安前期から知られた神社で、延喜式内奥州一百社の内で胆沢七社の筆頭社であり、『文徳実録』に、仁寿2年(852)8月7日条に「石神」が他の諸社とともに、従五位下を授けられたとの記載が残されている。
 祭神は日本武尊と稲葉姫命、伝承では伊邪那岐命。通称は「おいしさま」と呼ばれている。社殿の裏にある高さ4.2m、縦10.2m、横8.8mの自然石がご神体で、安倍氏はこの大石を荒覇吐(アラハバキ)神として尊崇していたという。
 アラハバキ神は、東北地方一帯に広く残る地主神で、蝦夷の神であったと見られるが、その実態については花巻市東和の「丹内山神社」でも記したように、よく分かっていない。
 安倍氏滅亡後、奥州の覇者となった藤原清衡は、中尊寺や金銀螺鈿をちりばめた金色堂を建立し、奥州藤原氏四代100年の栄華の基礎を築いた。しかし、仏教に深く傾倒したと思われる一方で、アラハバキ神を祀る丹内山神社をことのほか大事にされ、毎年の例祭には清衡自ら奉弊して、祭りを司っていたという。
 このあたりに、中央政権にまつろわぬ「蝦夷の神」の根深さがみえる。」

 蝦夷、安倍氏、藤原氏などこの地はまつろわぬ民の地であり、その神として「蝦夷の神」「荒覇吐(アラハバキ)神」を祭り代々崇めていたのです。

2017年3月26日日曜日

890「蝦夷9」2017,3,26 達谷窟毘沙門堂

 5日の朝は快適に迎えることが出来ました。天気にも恵まれ朝風呂もゆったりと満喫できました。部屋から厳美渓を見下ろせ、朝日がまぶしいほどです。朝食も美味しく頂け、皆さん元気に車に乗り込み、宿8時頃に出発しました。
 



 最初の目的地は平泉町の達谷窟毘沙門堂です。宿から近くで10分弱で到着です。早朝ですから参拝客もほとんど居らずに貸しきりで拝観出来ました。




達谷窟毘沙門堂の概要は以下です。
「延暦20年(801年)、征夷大将軍であった坂上田村麻呂が、ここを拠点としていた蝦夷を討伐した記念として建てた。
天台宗達谷西光寺境内の西側には、東西の長さ約150メートル、最大標高差およそ35メートルにおよぶ岸壁があり、その下方の岩屋に懸造の窟毘沙門堂がある。さらにその西側の岸壁上部には大日如来あるいは阿弥陀如来といわれる大きな磨崖仏が刻まれている。」

 その歴史的背景は以下です。
「平安時代初期、中央政府の影響力の及ぶところは白河関(福島県)まで、白河関以北(奥羽・東北地方)は地元豪族が割拠するところであった。中央政府は奥羽地方豪族達(蝦夷)を政権に組み込むため、坂上田村麻呂を征夷大将軍に命 じて奥羽平定を図った。この中央軍遠征逸話の1つのとして、達谷窟毘沙門堂縁起が残されている。
 縁起では、当然のことながら、征服者(中央政府)を正義とし、被征服者(蝦夷)を悪者とす ることで、蝦夷征伐(奥羽・東北征服行為)を正当化し、征夷大将軍・坂上田村麻呂を武門 の象徴として神格化している。
 以下、伝承である。
 1200年前、この地に悪路王、赤頭、高丸と称する賊徒(蝦夷)がいて窟(いわや)に要塞を構え、周囲の良民を苦しめ悪事・乱暴を極め、国府(中央政府の奥羽政庁・出先機関)では彼 らを抑えることができなくなった。
 そこで、桓武天皇(第50代天皇)は坂上田村麻呂に命じて、蝦夷征伐の勅(ちょく、天皇命 令)を下した。この報に接し、悪路王たちは達谷窟から3000の兵士(賊徒)を率いて駿河国清美関(するがのくに・きよみがせき、静岡県)に出張ったが、坂上田村麻呂が京を出発したと知ると、恐れをなして窟に戻った。
 延暦20年(801年)、坂上田村麻呂は、激戦の末に、窟に籠もって守りを固める蝦夷を打ち破り、悪路王、赤頭、高丸の首を刎ね、蝦夷平定を果たした。
 戦勝は毘沙門天の加護と信じた坂上田村麻呂は、京の清水寺の舞台を模した九間四面の毘沙門堂を建立し、堂内に108体の毘沙門天を祀り、窟毘沙門堂(いわやびしゃもんどう)、別名、窟(いわや)堂と名づけた。
 翌、延暦21年(802年)、別当寺(べっとうじ、神社に付属する寺)として達谷西光寺(たっこくさいこうじ)を創建し、奥眞所上人(おうしんしょうにん)を開基として東西30余里(120km)、南北20余里(80km)の広大な寺領(じりょう、荘園)を与えた。 ~以下省略 」

 坂上田村麻呂の功績を受け、後に田村信仰が起こった様です。以下、その概要です。「達谷窟毘沙門堂の最古の記録は、藤原氏が源頼朝に滅ぼされた後の鎌倉幕府公式記録書「吾妻鏡」(あづまかがみ)の文治5年(1189年)9月28日の条にある。
 達谷窟毘沙門堂の本尊は、自覺大師が坂上田村麻呂の顔を模写して彫刻したと伝えられる秘仏であり、開帳されていない(平成22年が開帳年)。
 「公卿補任」(くぎょうぶにん)には「毘沙門天の化身来りて我が国を護る」とあり、坂上田村麻呂を毘沙門天の化身として信仰する「田村信仰」発祥地として、征夷大将軍・坂上田村麻呂の蝦夷征伐の霊蹟として、達谷窟毘沙門堂は国の史跡に指定されている」
http://www.do-be.jp/hiraizumi/bishamondo.html

 この達谷窟毘沙門堂で70年ぶりに蘇民祭が復活しました。
「2017年1月2日、戦前まで開かれていた蘇民信仰の伝承に基づき、邪気を払う「おにばえ」と呼ばれる儀式を戦前の形で行う。
 護摩をたいて焦がした一升餅を毘沙門堂から庭に投げ落とし、東と西に分かれた下帯姿の男たちが奪い合う。勝敗や焦げ方で、その年の作柄を占う。」と新聞に紹介されていました。
 蘇民祭は岩手県を中心に繰り広げられる伝統行事でその中心は黒石寺です。そこには後で訪問しますので詳しくはその時に触れます。

 境内の毘沙門堂、岩面大仏、弁天堂、不動堂などを巡りました。










 ここに残されて在るものは、あくまでも蝦夷を征服した大和朝廷側の祭りごとでしかありません。悪路王という悪者を作り、坂上を美化する為の作為が見えます。豊かな蝦夷の拠点であった地が、支配者の民への教化政策の拠点として様変わりした佛の世界です。

2017年3月25日土曜日

889「蝦夷8」2017,3,25 小迫観音・白山神社、厳美渓温泉

 次の目的地は栗原郡金成町津久毛小迫にある小迫観音・白山神社です。この小迫観音も坂上田村麻呂所縁に奥州七観音の1つです。
 白山神社の御祭神は、菊理比咩神、伊邪那岐神、伊邪那美神です。以下の様な記載があります。

「その境内の小高い丘に白山神社が祀られており、境内の中ほどに「観音堂」が鎮座している。この神仏は分離されず今も一体である。白山社の社伝には、神亀元年(724)創建で、田村麻呂東征のとき、ここに営所を作り、戦勝祈願のため観音堂を建立したとある。「営所」すなわち営岡(たむらがおか)として、田村麻呂あるいは源頼義・義家が陣を構えたという伝承を持つ地名は、この近くに数多くある。

「白山神社」の境内のほぼ中央にある「観音堂」は、閉ざされたままで中を見ることができない。ここも箟嶽や牧山と同じく、神仏が習合し、伝説が幾重にも塗り込められた複合体である。この神社には社務所がない。山門を少しくだったところに、「楽峰山勝大寺」があり、この寺が今も別当を務めている。明治の神仏分離令で、一旦分離されたものが、再びその前の姿に戻っているのである。

 そして、この寺の檀徒を中心とする保存会の人たちによって「白山神社」の祭りが行われる。その祭りは小迫祭りと呼ばれ、その時に奉納される「延年の舞」は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。かつては、七日間に及ぶ祭礼行事であったが、現在は毎年四月第一日曜日に行われる。簡略化されているとはいえ、主要な行事は受け継がれ、前日の土曜日の夜から始まる祭りは、五穀豊穣を祈る神事と、「白山神社」の前庭で神前に奉納する芸能「延年の舞」は、祭りの核として残されている。

 佐藤信要は封内名蹟志で、この様子を詳しく説明している。現在演じられる「延年の舞」は、これと同じ内容である。「延年の舞」は六段で構成されていて、その三段目にある「入振舞」は、「田村舞」ともいわれている長刀の舞である。田村麻呂伝説の名残ではあるが、ここでは長刀を持ち、笛の曲に合わせて優雅に演じられる。

 神社の鳥居をくぐると、無骨で大きな山門があり、仁王像があるべきところは部屋らしく設えられていた。かつては「延年の舞」を上演する際の楽屋として使われていたといわれる。今は、「勝大寺」の境内に新しい楽屋が建てられている。」
http://www001.upp.so-net.ne.jp/densetutanbo/tamuramaro/obasama.htm



 大きな鳥居を過ぎて参道を進むと、広い境内を右手山の上に白山神社、その階段の登り口の左手に大きな観音堂があります。堂の中は見えず参拝して白山神社に向かいました。
曇りで今にも雨が降り出しそうですが、無事に参拝出来ました。この地も古からの聖地、要所だったのでしょう。


 次の目的地は一関市釣山の田村神社・釣山公園です。国道4号線を北上し、県境を越えて道を下り市街地に入るころに雨が降り始めました。段々と雨の勢いが増して来ます。田村神社近くまで来た時には更に強い雨になりました。木内さんとも相談して、予定の2箇所はキャンセルして宿へ向かうことにしました。

 今日の宿は一関市厳美町の厳美渓温泉いつくし園です。15時半にチェックインです。宿に着く頃には先ほどの大雨が嘘のように上がり、太陽が顔を出して来ました。これもありがたき神仕組みでしょうか。宿のロビーには大きな雛飾りが飾られて私達を迎えてくれています。

 お陰様で木内さんにはゆっくり休んで頂けます。皆さんもゆっくり温泉を堪能して小休憩できました。夕食は豪華な料理を美味しく頂け、2次会は長野のMさん手作りの漬物を頂き遅くまで木内さんのお話を拝聴しました。木内さんは確実に元気になり、体力も回復してきています。話し始めたら止まらない感じで、嬉しき、楽しき時間を過ごせました。


2017年3月24日金曜日

888「蝦夷7」2017,3,24 清水寺・聖観音

 次の目的地は栗原市栗駒岩ヶ崎にある清水寺・聖観音です。清水寺は街外れの山の手の方にあります。お寺に着く頃には雨です。小雨程度ですから問題なくお参りできました。
 この清水寺には何度も訪れています。庭園が整備されていて四季それぞれの美しさが楽しめるところですが、今の季節が一番殺風景な感じです。雨模様で少しどんよりして重い雰囲気がします。



 聖観音堂を参拝し暫し、雨宿りをしながら木内さんは、「ここには白龍がいて流れている。」と言います。そして、雲飛ばしならぬ、雨を止ませようと手を尽くしています。


暫くすると明るくなってきて、雨が止み、太陽が輝き始めるではありませんか。木内さんの意識エネルギー、念の力で垣間見る不思議世界です。

 この清水寺は坂上田村麻呂所縁に奥州七観音の1つで、次のように記されています。
「大同2年(807)、坂上田村麻呂の奥州進攻のため、この地に滞陣したとき霊夢をみて将軍の守り本尊として兜に埋めてあった閻浮壇金の金銅仏(5.5cm)の聖観音像を勧請し、東北ではまれにみる名刹霊場となっています。」

 このお寺の紹介に以下様な表記があります。
「清水寺の今昔 
 栗駒町岩ヶ崎字長町の奥まったところに観音寺がある。正しくは真言宗音羽山清水寺(きよみづでら)である。そのまた奥に町の鎮守熊野神社が鎮座まします。 そもそも西国三十三ヶ所、第十六番の札所京都の音羽山清水寺と山号寺名が全く同じであることは、地形が似ていることから、その寺に擬して建立したゆかりがあり、寺名も同じになったと、先住職から聞いた記憶を思い起す。 
 寺伝によれば開基は遠く、大同二年(八〇七)世は平安の頃、将軍田村麻呂が奥州蝦夷征伐のため、当地に駐屯した際勧請されたとある。
 その昔岩ヶ崎は石崎山を突端とする一面海のみ崎だったのが、千二百年前のその頃には、もう海でなくなり、見渡す限りの湿地帯と化し、丘の高いところにチラリ、ホラリ人家らしい蝦夷の住家だけがあった平野ではなかったか。 

 その平野を一望するここが観音寺建立に適当であるとし、蝦夷を平定したお礼に勧請されたのが、現在の清水寺である。この年金成町津久毛大迫の白山社にも、田村麻呂将軍が観音堂を創建している。 それから四一六年経て、親らん、道之、源空らによる鎌倉仏教の最も盛んだった貞応二年(一二二三)三迫の森館城主、弥平兵ェ、平師門夫婦らによって当時寺域二九万八九七三坪を以て、七堂伽藍に水屋、鐘楼、庫裡等十二宇と、築山泉池まで完備した。実に見事な清水寺を建立したが、寛正六年(一四六五)春、惜しくも野火のため建物が殆ど焼失した。」

 この表記による注目点は、「その昔岩ヶ崎は石崎山を突端とする一面海のみ崎だった」そして「千二百年前のその頃には、もう海でなくなり、見渡す限りの湿地帯と化し、丘の高いところにチラリ、ホラリ人家らしい蝦夷の住家だけがあった平野ではなかったか。」と言うところです。

 現在の地形で過去を推し量ることは先入観でこの地の意味を解読することが出来ません。奥州七観音の内の奥州三観音と言われる石巻市の梅渓寺牧山観音、松島町の大仰寺 富山観音、涌谷町の箟峯寺 箟岳観音はかつて御崎の先に祭られていたと言います。その図を見た時ににわかに信じられませんでしたが、小高く、見通しの効く要所にお祭していたのでしょう。昔は交通路も海、川を使い、陸路が整備されたのは大分後になってのことでしたでしょう。

 いずれにしても各所に観音堂をお祭りする目的は、滅ぼした蝦夷たちの戦勝祈願、鎮魂調伏だったのでしょう。この栗駒の地にも多くのまつろわぬ民がいたのです。