2017年11月20日月曜日

1129「宇宙人9」2017,11,20

 ケルト族のドルイト教があります。ストーンヘンジに白装束の祭祀者が集まって、ある日、家の戸をノックしてその家の誰かを生贄として差し出させるのです。出ないと沢山の人が殺されるのです。
 人の形のストーンヘンジの中に人形の檻があり、その前に煮えたぎった鍋にリンゴが浮かんでいる。檻の中で燃やされるか、燃やされる前にリンゴを口でくわえろ、という儀式があります。リンゴくわえたとしても顔面火傷など苦しみの人生が待っています。拒否して檻の中で燃やされるかのど、そのちらかになるのです。ストーンヘンジの真ん中から人骨が沢山出てきました。
 これが元になったのがハロウィンです。やらないと多くの人が殺される。先に生贄を出すと救われるのですが、どちらにしても不幸に成るものです。そして人間を生贄に差し出した家は悪魔の格好を許されるのです。それが目印で自分達は殺されないのです。

 ハロウィンの仮装をすると悪魔に波長が繋がり易くなります。カボチャを家の入り口に置くのは悪魔が入りやすくする為です。悪霊がカボチャのかたどった中にいます。顔の形をくり貫いたカボチャに人肉を入れてもらえます。悪魔はそれを食べて家の中に入らない様にしているのです。カボチャは悪くないのですがそういう使われ方をしたのです。
 出所が分からない宗教のイベントには気を付けることです。ですから分からないことはしない方が良いです。

 大日月地神示は大銀河霊団連盟のことで、そこからのメッセージです。神示の目的は地球の霊団への指導です。地球人が読んで霊人、霊団を指導しろという事です。霊人達が人間様に教えてもらう事が日月神示に書かれてあるのです。声を出して読むことが良いです。その思考が地球人から霊団を教育し指導することになるのです。
 これまで悪魔霊団にマインドコントロールされて支配されてきました。それをひっくり返す内容になっています。だから読むと霊人たちは怒ってくるのですが大丈夫です。
 自分の気付きを深めるので、何かある時に助けてくれます。おびき出して隠れている悪を捕まえるのです。これによって地球霊界は、てんやわんやで変わってきています。他星の悪魔霊の攻撃を受けていますが満月に向かって浄霊しています。」

 かれこれ3時間以上のお話でしたが驚きの真実を教えて頂きました。休憩を挟んでその後は質疑応答です。その内容も簡単にお伝えします。

・思考の中に感情があるのか
 そのことはテキストの60頁に書かれています。
 己とは思念・情報を選択する存在です。肉体からでるものはDNAに、魂には過去生が、霊には霊存在が係わります。今世で生まれていろいろな事を経験して来ます。それは関与してくる霊存在から受けています。
 自分とは何か?私とは思考を選んでいるものです。思考にはその出所があります。感情も瞬間で、思考の一部で、その出所は異なるものです。

・磁場、エネルギーが変わると思考が変わることについて
 宇宙規模で磁場が変わります。例えば、家の外が気温マイナス20度で家の中がプラス20度だとすると、家の外と内では感情はどう変わるかです。明らかに思考、感情はかわります。又40度のお湯、お風呂に入るのと、入らないのでは感情が違います。温度変化はエネルギー変化であり、エネルギーが変わると感情が変わるのです。
 今は、霊的エネルギーは冬から春への変わり目で、ネガティブなものが出ていますが、それは実は残像です。起きているのは過去のネガティブな意識が出ていて、やがてそれは去り、建設的な意識に変わるのです。
 ネガティブなオカルトィストから離れる事です。そのことを知らないと嵌められてしましまいます。

2017年11月19日日曜日

1128「宇宙人8」2017,11,19

 月は人工物だと思います。月は岩石で作られたもので人工的に操作しています。月ごと人工物として地球を監視しているものです。地球人を支配する為に、観測する為に置かれている人工物です。月の信仰とは何か?その信仰は嘘のものです。

 大日月地神示としていたので、月のことは最初はヤバイと思いました。しかしそれも生命に関与出来るエネルギーと考えると神と言える。霊でも霊団でもない、エネルギー体としての働きは支配すること。善悪で分けると悪神になるが。
 しかし、月があるが故に今があります。そういう意味では必要として与えられた神と言えます。誰が何の為に?それは支配してきた他星人たちなのか?良い他星人から悪い他星人に乗っ取られたのだろう。天変地異が起きて、悪い事が起きるのですが、それを観測する使われ方に変わったのです。ではどういう使われ方かだ。

 満月の時には動物的に出産が多いです。エネルギー的に興奮し、欲情します。それは何故か?
 恐ろしい話ですが、満月の光りはこの地球を照らし出しているビーム、鏡の様なものです。そこに太陽エネルギーが来ているのでないとしたら、太陽があたっていると見せかけていて、別なものが入り込んでいるのです。別の不浄なエネルギーが入り込んでいるとしたら、どうでしょうか。遠隔で、とあるエネルギーを月に当てて地球へ送っているとしたら。
 このばれない月の光りこそ魔の月でないのでしょうか。狼男、ドラキュラが出るのは何故か?大昔には、月は神話に出てきません。あるのは太陽神だけです。途中から月が出て来ました。昔は太陽と星々だけでした。月は魔の星という神話で、水と悪魔の星と言います。

 その時代のシャーマンが月の存在をそのように捉えたのです。何故、悪魔的な月を崇拝するのか?何故満月で出産するのか?光りを浴びる事でそうせざる終えない状況にされているのです。それが太陽の光でないとしたら悪魔の光だと言えるのです。太陽の光として、悪いエネルギーを流し込んでいたのです。その様にして支配可能であり、支配してきたことが分かりました。
 月が悪い訳でなく、月を利用して来たものが悪魔的で、他星人でかつて地球に入り、奴隷化してきたのです。そこでDNAを操作し、そして寿命を短くしました。その上、脳が100%働かない様に回線を切ったのです。そして宗教を植え付け、自分達を崇拝させ、恐怖の洗脳をした人種なのです。
 恐怖で支配し、洗脳することで、地球から離れていてもそれをすることにしたのです。宗教をさせているのでコントロールすることは可能で、それらは地球から他星へ出て行ったレプティリアンです。それは悪い他星人だ。そうなければもっと賢く、長生きできていたのが、DNAをいじっていった。それとプラスして月の支配でそのリズムで生きる様に仕組みを作ったのです。

 明日、4日は満月で悪魔教と繋がる日です。それはハロウィンと同じことです。ハロウィンはクリスマス以上に悪魔化して憑依しやすくなります。仮装をするとそれに成りたいという憧れ意識が働きます。仮装も嫌いな事はしないので、悪魔の格好をするとそうなり易くなり、悪魔が入りやすく、乗っ取られ易くなるのです。その仕掛けに日本人がまんまと嵌まったのです。祭りごとが楽しい、が祟ったのです。それは意味が関係なく、楽しめれば良いレベルのものです。

 クリスマスもそうです。二ムロドはヨーロッパを支配した独裁者です。自分の母親と結婚し子供が生まれ、やがて死にました。母で妻はその王を何とか愛される者に変えようとしました。
 そこで12月25日に復活する作り話を作ったのです。ノエル、新しい生命が芽生える、悪魔の王が復活するとしたのです。それを食べる事は祝福すること。神話をいっぱい作って12月25日を祝う事として、その事がキリスト教の中に入って行ったのです。聖書に12月25日の教えは無いのです。一切祝うことはないのです。何故か12月24、25日が何時からか流行り始めたのです。
 ニムロドはサタンと契約をした者です。支配とは分からない様にマインドコントロールして逃れられない状況を作って行ったのです。悪魔の事は良く分かります。私は霊媒として魔界からスターとしたので良く分かります。悪魔は人間を食べます。食人は近年まで続いていました。それは世界中にありました。世界のタブーと言う本がありましたが、そこに書かれていました。悪魔のやり方は、嘘を植え付けて、洗脳してやらされることです。

2017年11月18日土曜日

1127「宇宙人7」2017,11,18

 リアルな肉体に昆虫、両生類など、この大気、水と重力に見あわないと生きられません。人類はこれが1番見合っているのです。五色人の中で青色人が絶滅していますが、地球の変化に対応できず、地下にもぐりました。地下で生きた種で、他星と関与して生きて来ました。それはシャンバラと言われています。
 地球は空洞でありません。地下都市はあります。それは無尽蔵にあります。どこでも作っています。ただで、安全で、核戦争、温暖化でも安全です。地上が危ないので地下へ逃れているのです。地下への出入り口は沢山あります。青色人は死んだのですが、いろんな種と交配をしました。人間は太陽光を浴びずには生きられません。やがて病気になってしまいます。

 色んな他星人がありますが、映画の「メインブラック」を見ると柔軟性を得られます。固定概念、拒否反応を払拭することです。地球人のヒューマノイドに慣れることです。どこまで寛容になれるかが大事です。地球人は形に囚われすぎで遅れています。しかしそのような教育を受けたらそれが当たり前になっていきます。
 ナサが銀河は2兆個あると昨年発表しました。ヨーロッパ、ESBが先に発表したのですが、その後で発表しました。1銀河に2千億以上の恒星があり、その恒星に付いている星があるので全部ではとてつもない数の星があるのです。宇宙意識が大事になります。
 宮城県仙台市だけという意識では駄目です。それでは点にもならないものです。その感覚を教育していくことが必要です。今は傲慢になっています。このような宇宙情報を聞くだけで気が遠くなります。

 宇宙マップをナサが出しました。ダークマター、ダークエネルギーを出したマップです。宇宙を把握し始めたようで、ナサはなにか焦っているようです。他星の存在から本当の事を早く公開するよう圧力を受けているのかもしれません。
 そこには何かの交換条件があります。政府の中に宇宙人が入っていて、その中の教えで急がされていて、宇宙へ意識を向けさせている。今はメディア離れで、情報を出しても情報格差が生まれています。そのことに興味持たないと、何も分らないで死んでいくことになります。
 この格差は止められず、どんどん広がります。真実は1部の者達だけ知り、継承されて来ています。知った人達の言動、行動があり、皆が知ると同等になります。そのことをシェアリングすべきで、私はシェアリングして行く様にしています。

 私は18歳の時に真実を知りたいと思いました。霊媒となりチャネリングで情報を得て、それを解決できました。真実を知れば誰かと共有したくなります。それを言いたくなります。それを教えられたら、分るようになります。それを普通に対話できたら面白いことです。
 逆に選民意識になっては駄目です。今までの歴史はそうでした。知識を限られたものだけで占有していました。しかし目が覚め、それに見合った言動、行動で流れが変わってきました。得た知識をどう活かすかは自分次第です。活かしたくなるし、それをより大きな喜びにしていって価値があるものです。

 木星、土星にも水があることが判明しました。ニュースで出ていますが、火星にもあります。太陽系内に水があると言い出しました。大きな力が働いて促されているのです。早く知って、次の情報開示に備える為、宇宙人の存在を認められように促しているのです。その後、他星人を見てもパニックに成り難いし、その準備のようです。
 月はかつて彗星で飛んできたものです。地球の重力に捕まって水が流れ、天変地異が起き、ポールシフト起きました。月の裏側に基地があり、穴、空洞があります。ここから次ですが、月はどういうものか?です。
 重力の影響で潮汐運動あり、生命体は月の影響でリズムを受けています。そこに支配されています。月の存在に生命の営みが支配されています。
 彗星がうまい具合に捕まった。そして他星人が沢山いるとしたら、あの地球はどういう使われ方をしたのか?月はどうして同じ姿なのか?地球は廻っているのに何故変わらないのか?疑問に思ったことがないのか。


2017年11月17日金曜日

1126「宇宙人6」2017,11,17

 ボリビア ティワナク遺跡、プマプンク遺跡:17000年以上前の世界最古のもの
 花崗岩、閃緑岩で製作しているがダイヤモンド出なければ不可能
 巨石加工技術、数ミリ巾の加工技術
 280万年前の原人化石発見(エチオピア)
 巨人の骨出土(中東、アフリカ、31億年前形成
 ネフィリム、タイタン足跡 12mで新潮75m
 レムリア

 いろいろの痕跡がありますが謎では駄目です。それを宗教界が認めません。科学界では分っているのですが駄目です。それらの事を皆でシェアリングすれば良いです。専門家が言うと危ないです。それらは他星人が作ったもので、それを地球人が使いまわししたものです。石を加工したもので他星人のものです。花崗岩、閃緑岩の加工は当時の人間では無理で、現代でも無理です。他星人がやったことです。
 私たちのマインドコントロールをいかに払拭するかです。それらのことは動画で調べられます。これが証拠だと歴史を整理することです。


 280万年の原人の化石で、人と猿とは違います。人は作られたもので、猿と人はDNA的に全く違うものです。猿が人に変わることは無いです。1番古い原人が見つかった。それは人が操作されて作られたものです。巨人の骨が沢山見つかっていますが、あまりに古すぎて31億年前です。物が物なので、とんでも話しになるのですが、他星人が化石化したものが残ったものです。
 オリオン座系の人は身体が大きく巨人です。ギリシャ神話はあながち間違っていません。それは宇宙人のことを小説化したものです。霊性が低く、テクノロジーが高い他星人の話しです。探せばいっぱいあります。
 大事なのは自分の中で正しい歴史認識に入れ換えることです。これからどうなって行くか?宇宙時代に変わって行きます。宇宙と交流を持ち、関わる時代です。宇宙への知識を上げることです。それへの恐怖では駄目で、宇宙を理解することです。その為に、この事に気づいた人から変わって行くしかありません。

 ナサなどが最近、宇宙情報を急に出し始めました。この2、3年に何かが解禁になったようです。宇宙中に水があるのです。太陽系内にも水が発見されました。月に直径50mの穴が見つかり、円柱状でその下に巾100m長さ100キロmの空間があるのです。それは完全に人工物です。
 アポロで行ってサンタクロース発見したのです。11号の時には月へ行っていません。44年に月に人類は初めて行っていますが、その年に私が生まれています。月の裏側は基地だらけで、そこは他星から来た存在の拠点です。それらは日本のかぐやの映像で見れました。
 なぜ米国は宇宙人の存在を認めないのか。ロシアは認めています。プーチンは他星人と話して選んでいます。米国は悪い他星人と関わっているようです。やがて米国は内部崩壊して行きます。そしてまともな人が出てきて州が独立して行き、西側が割れていくようです。

 シャーマンは誰と対話したのか。そこには異次元存在の中の他星人の声もあります。現次元の肉体を持つ他星人、肉体を持たない他星人もいます。かれらは瞬間移動出が来きます。霊体エネルギーでいながら、現次元に物質化出来る他星人がいるのです。
 我々は肉体に入っているエネルギーで、入っている霊エネルギーが私です。死ぬとはこの肉体を使わない異次元に留まる存在となることです。科学的に学ぶことです。ですから死ぬとは、肉体を使えず霊体として異次元で活動するか、新たな肉体へ入るかを選択するのです。
 しかし宗教ではそのことを認めず、タブーで、そこは恐怖で統括する為に知らせないのです。我々の神は他星人だ、としたら教会を拝まないでしょう。真実を理解するには無宗教が良いです。
 いのちを司る存在が神です。他星人の形はいろいろあります。霊体はエネルギー体で、何々人と言えない光りの粒、玉で、ですから何々人と言えません。瞬間移動出来て、意識で銀河を超えられて、そこでは何々星人もないのです。指導霊にも何々星人があります。そこからのインスピレーションでその星に惹かれることがあります。

2017年11月16日木曜日

1125「宇宙人5」2017,11,16

 なぜ宇宙はそれを許すのかです。霊性が高ければ問題が起きないはずです。本当はもしも一流大学に入る位の人なら、他を慈しむ意識の人達なら問題は起きないはずです。
 私は他星存在、異次元存在からマークされています。家に不法侵入されています。寝ているとエネルギーで縛りつけ、金縛り状態になったりします。念でテレパシー交信するのですが、テレパシーで攻撃してきて気絶させられました。意識が無くても霊体としてものを見る意識を持っているので、彼らのやっていることはわかります。私の脳を異次元手術をして、脳の中にチップを仕掛けていくのです。
 なぜこの様な霊性が低い者がテクノロジーを持ったのか解せないです。私は到底勝てません。脳をいじられると反応して身体が動くのです。私を遠隔操作をしようとしています。世界の要人はほとんどやられていると思います。その様なテクノロジーで思考、感情操作を行う事が可能です。
 この様な事が行なわれ、これがあることを先ず認めることです。これは違法です。他星人、異次元存在に対して犯罪行為だと訴えています。声を大にして言っている。しかし聞いてもらえないならそれが答えです。

 しかい面白い計画で、それらを全部見続けている存在がいるのです。おとり捜査されていて、その証拠を取っていたのです。宇宙Gメンがいたのです。彼らは私に異次元手術をしてくれるのですが、やり方が優しく、気持ちが良い感じで、前よりスッキリする、開放感があるのです。霊性の高い異次元手術を味わえて良かったです。
 未だこの地球は捨てたものでないと思いました。その前はやっても無理だと思って欝っぽくなった。ネガティブになっていた時期がありました。しかし今は頑張ります、の状態です。
 地球でやられている事は銀河でやられていることです。監視の問題があり、それを見ている存在が、それらをどの様にして解消していくか話し合われています。ここで行われている事は全部見られているのです。そこには星の因縁が現われています。地球は宇宙の雛型で、日本は特にその世界の雛形なのです。

 出口王仁三郎とも話しましたが、違っていても良いことがあります。昔の人は、地球人は他星人と共に生きていたことを引き継ぐ教育を受けていました。宗教も他星人を崇めるところから始まっています。
 良い他星人と悪い他星人の違い。悪い他星人は生贄を行ないます。諏訪の御柱祭も生贄の祭りです。昔から人を柱に括って生贄にしていました。昔は神主が生贄にされていました。御頭祭も鹿の頭でなく最初は人の頭でした。日本にも悪い他星人が入り込んでいたエリアもあるのです。ですから全てがずっと良いわけでなく、悪いものにやられていたエリアもあるのです。

 東北で考えると蝦夷より古い時の教育はまともな教育がなされていました。東北に良き国あり。自然を大切に崇め、アニミズムで助け合うレムリア思想です。神道は自然崇拝で、所有しないで、移動する民族で、サンカはその名残でした。
 生き物との関わり方で、縄文時代は寒くなく、共生出来ていました。やがて動物を殺して生態系を壊すことが生きるために出てきました。段々、本来の教育から離れてきました。温暖なところから寒冷化し、環境が変わって動物的思考になってきたのです。でも人間同士では平和でした。

 アルシネオ銀河、私たちの銀河にも色々な星があり、ネットワークが出来ています。大銀河連盟、銀河連盟があります。隣はアンドロメダですが、大銀河連盟には8万の銀河が加盟しています。それらが地球に関与しています。200~300種が來星して報告しています。
 地球で転生を選んでいるのは20位の種がいます。宇宙で考えたらもっとあります。私たちの魂はそのどこかに関与しています。何々星の代表かもしれません。出所はどこかの銀河で、その代表者として宇宙から監視されているのです。そう考えると責任が重大です。

 プレアディスは地球に関与していますが1回地球から引き上げました。レムリアの時ですが、又その後に来た時に派閥が変わってアトランティスとして関わりました。プレアディス、スバル座にもいっぱいいて、スバル座方向の中で内乱があって、その者たちが銀河に関与して来ましたが、それらは悪い者たちだと思っています。
 プレアディス星人ともチャネリングしていますが良いコミュニケーションがありました。チャネリングを始めた最初の1年目でした。平和的でした。学校のイメージで、転校生を暖かく迎えてくれて、質問している感じで、それがファーストコンタクトでした。


2017年11月15日水曜日

1124「宇宙人4」2017,11,15

 バックボーンは思考で、思い込みが現われて来ます。思考を変えることです。全ては思考に支配されています。地球人の思考を操っている宇宙人がいます。感情、思考にも関与する他星人がいて、今まで悪い他星人が意識、思考を操って来たので、その現状がこうなのです。
 霊的問題でも大きい集合意識体を操っている存在があります。地球の人達をコントロールしている存在があるのです。地球の人達をコントロールしている存在がいて、私は毎日それらと戦っています。一般の人は知らないことですが、その様な事を教わっていないからです。

 異次元は無法地帯で他星人が関わっています。これまでは悪魔的異次元存在が巾を利かせる時代です。しかし今は、冬から春の時代へ変わり、磁場が変わり、悪魔思考が巾を利かせることが出来ないように成って来ています。
 今、その残像が癖として残っている状態です。その支配していた時代はこの数年で終わって来ます。今はそのマインドコントロールを払拭するかです。ですから、今は変わろうと思うと変わっていける時です。
 前に夢は叶えられなかったが、今は物凄いスピードで叶う様になって来ています。その為にはネガティブな癖を外せば良いのです。それは個体差があるので自分との戦いです。宇宙人との関わり方で未来が変えられます。私の望みはレムリア思考の復活です。私と合わない人は自由にして下さいです。

 私は世襲は大嫌いです。そんなシステムは考えられないことで、それを無くしたくないのは、王族方で裏の社会を牛耳っている人たちです。それに対してどうするかですが、そのバックボーンが悪の霊団、霊人です。
 古代エジプトのピラミッドから色んな物が掘り出されています。歴史上それは繰り返すものです。
 壁画にファラオが描かれていますが、その姿の彼らは身体が大きいです。そしてその召使は身体が小さい。ファラオは巨人種で、交配が進んで身体が小さくなったと思われます。頭が長い者もいます。他星人と地球人のハイブリッドですが、他星人の方が持っている能力が強いので特殊能力を発揮出来ました。
 基本的な歴史の流れは、地球に色んな星が入植して、色々なエリアで実験を始めたのです。新品を生み出し持ち帰る。又、持ち込んだものが生きられるか、その調査などをしたのです。最終的にそれらをミックスして生態系の中にプログラミングしたのです。それを継続するように宇宙連合で決まりました。

 地球はそれぞれの星の生き物が反映されています。宇宙人のタイプで昆虫、爬虫類、鳥類、魚類、哺乳類等です。性質もそのままです。昆虫は群れ、短命です。爬虫類は凶暴で肉食系です。鳥類は羽をもち飛びます。四肢半獣、人魚は半魚人です。宇宙にありとあらゆるタイプのものが存在しているのです。映画や漫画がありますが、太古から神話などでビジョンを得た人がそれらを描いているのです。
 子孫がその代表者として来ている人が多いです。そこに誰が偉いかどうかは無いのです。見方を変えると地球は動物園で、このような星は宇宙でも珍しいものなのです。地球には宇宙コロニー、生態系があり、動植物園です。公園だけの時は地球人は存在していません。他星人が持ち込んだ微生物、動植物しかいない時代が長いのです。

 そこから自分達に似せたハイブリッドを作る時代に変わりました。他星人と地球人と共生している時代があり、やがて他星人が地球から出て行って地球人だけになった時があります。私たちが知っているのは地求人だけの時代で、その前は猿だったと教わったのは嘘です。その頃、そこでは宇宙人たちと暮らしていたのですが、それを隠蔽されているのです。そのことを宗教界が許さなかった。それは神の概念が壊されるからです。
 今、地球人の中に他星人が入り込んできている時代に移って来ています。他星人として生まれ変わり、地球人の肉体に異次元として関わっている存在がいて、そこには憑依もあります。肉体は地球人でないが、地球人の振りをして入り込んでいます。それは他星で作られ地球にも適応できる肉体で入り込んでいるのです。ですから見分けがつきません。そのテクノロジーがずば抜けているのですが霊性の高い、低いがあります。

2017年11月14日火曜日

1123「宇宙人3」2017,11,14

 私たちの本質は魂で、何人でもありません。肉体は自分ではないのです。肉体は貸してもらっている生命体で、入れ物でしかないのです。私たちの本質は霊エネルギーで、今はたまたま地球人、日本人としているだけなのです。来世は決まっていないのです。
 私たちはハイブリッド種で幾つも用意されていました。五色人として掛け合わされました。何故この星でそれが許されているのか。それが地球の秘密です。地球は実験星として、地球文明が作られてきたのです。ここは宇宙の雛型として作られました。仲良く暮らして行けるのかの実験場で、これに関わる宇宙人はこの地球を観察し続けて来ているのです。ですから簡単に手を出さない、それは観察しているからです。このことは誰も分らないことですが、私はチャネリングで教えられたことです。

 私たちは実験の対象で、その中で転生しているのです。なぜ世界がもめるのか。始めからもめる星で、平和になれないのです。混在したものを入れた星なのでできないのです。その仕組みを知ると腹が立ってきます。こちらはどうしたら平和になり、幸せになれるか?なぜ宇宙がそれを許すのか?と思います。
 これが全ての答えです。それを知って自分がどう生きるかです。それが諸問題の根源なのです。しょうがない!真実を知って行き着いたものが、しょうがない!です。しかしそれを、どうやって喜びに変えるか。どう改善して行くかです。諦めて生きるのを止めて引き篭るのではありません。

 地球の歴史を見ると良い時代もあります。ムー、レムリアの時代が全盛期で一番教育が正しかった時です。それらは琴座星人が中心でした。ムー、レムリアは琴座方面から来た方々が中心になり作った文明です。それが日本人、黄色人種の元です。日本人と顔はそっくりです。背が小さく、霊性が高いのです。頭が良くなると身体は小さくなります。それはエネルギー効率からそうなるのです。テクノロジーで危険を回避出来るからです。
 霊性が低いのは動物的で大きく、力が強いものを求めます。元から違うのです。それは人種差別に繋がりますが、それは種の違いです。黄色人と黒人、白人は違うのです。どちらかと言うと仲良く出来るのは黄色人種です。それらの種を突き詰めていくと星に行き着くことになります。

 琴座から霊団として大量に移星して来ています。地球をより良くし、自分達の拠点を得る為に、宇宙の命を受けて、地球での転生を選んで来ています。彼らは黄色人種を作って転生する道を選んだのです。しかし魂はバラバラです。
 私に縁が深いのは琴座です。ムー、レムリアと聞くと嬉しい気持ちが起きます。優しい平和な事を好きなのは琴座です。海が好きなのはシリウスです。それらは魂の記憶です。琴座をライラと言います。響き、宇宙語は地球的発音をしません。言葉にならないテレパシーです。

 今日の話はあまりにも価値感が変わりすぎると思いますが、皆さんは自分の扉を開きたいから来た人達です。そこへ行っても建設的に未来に関わる人たちになって欲しいと思います。皆で新しい世を作って行く役割です。私たちが知っている歴史はほんの少しだけですが、それは教わっていないからです。
 ムー、レムリアは平和でした。その時代を復活したいと思います。それが私に与えられている使命です。これまではアトランティス勢力の支配下の世の中でした。悪魔的他星人に乗っ取られた状態です。合理主義、支配主義、ピラミッド構造が正しく、それを守って行くことですが、しかしその世の中は幸せではありません。そこに格差が生まれました。
 ムー、レムリアに戻すことです。そこには支配がありません。個々、1つ1つを慈しみ、大切に生かす。地球の非支配、所有をしない、完全な平和な、その時代があったのです。又それを生み出す事が出来る。それをする教育です。出来ると思ったら出来ます。今生はそれをやって行きます。本気でやっています。1人が本気を出すと凄いです。その正しい方向付けが必要です。同じ方向へ動く人がいることが励みになり、その渦が大きくなり、エネルギーが大きくなっていきます。

 レムリア思想へ向かっています。それをシェアリングすると皆の幸福感が広がります。世の中は意識で作られています。意識で形が作られるものです。ですから、この顕在世界は何もかも意識が変わると変わるのです。